メニュー

試合結果・レポート

【レポート】6月12日(日)板橋グリーンホール


6月12日(日)板橋グリーンホール 13:00
『FLY high in the 25th anniversary』

第1試合では中森華子がシャイニング・ウィザードからディスティニー・ハンマーにつないで、伊藤道場時代の後輩だった雫有希をフォール。マイクを持った中森が、「私に初めて出来た後輩が雫有希です。なので1番最初にオファーしたいと思います」と、7・10板橋での10周年興行への出場を呼びかけると、雫は「喜んで出させて頂きたいと思います」と笑顔で応じた。image image

第2試合は藤ヶ崎矢子が我闘雲舞の「ことり」を迎え撃つ同期対決。ダブルリスト・アームサルトの連発で優位に立つも、丸め込みの応酬からバードリッジで「ことり」が3カウントを奪う。image

復帰2戦目となるLeonはさまざまな体勢から繰り出されるMIZUKIの丸め込みを凌ぐと、スピアーからのマッド・スプラッシュで快勝した。image

セミファイナルは『アルティメット☆ぴゅあふる』ラビット美兎&勝愛実が、『ストロング・ディアナ魂』Sareee&田中盟子と激突。かつてのライバル・Sareeeとの再会に勝は感情を爆発させ、白熱の試合はSareeeがジャーマ ン・スープレックスを放ったところで時間切れのゴング。試合後は両チームともに人差し指を立てて再戦を希望。勝とSareeeは握手を交わした。image image image image image image

メインイベントは中島安里紗&『WANTED’14』KAZUKI&ライディーン鋼のトリオと、『全力バタンキュー』コマンドボリショイ&倉垣翼&木村響子による6人タッグマッチ。中島は開始早々からドロップキックで木村に襲いかかると、エルボーの応酬で早くも火花。『全力』サイドも倉垣がボリショイと木村の2人を背負ったまま対角線を走り、鋼に串刺しのスプラッシュを放つなど好連係を見せていく。コーナーからの3連弾image image image image image image image image imageで木村を追い込んだJWP軍だが、6人が入り乱れる展開から木村がビッグブーツでKAZUKIを仕留め、およそ25分に及ぶ激闘を制した。試合後も中島と木村は収まらず、互いの髪をつかみ合う。鋼のマイクを皮切りに、各選手が思いのたけをぶちまけた。

★メインイベント後のマイク
鋼「おい木村! KAZUKIさんの敵は私が取ってやるよ」
木村「時間がねぇんだよ!…ハッキリ言わせてもらって、いま眼中にあるのはベストフレンズのベルトだけなんだよ」
中島「やってやるよ」
木村「やるのはいいんだけど、オマエ、コスチューム前のに戻してこい。(観客に向かって)この場にいる全員が思ってるよね?」
KAZUKI「泣くな鋼!!」
鋼「泣いてないです…」
KAZUKI「私はまだまだ衰えてねぇんだよ! 木村! 中島! WANTEDは全力バタンキューつぶして、それからベストフレンズに初めて土つけるからな! どっちも覚えとけよ!」
木村「ちょっと時計の針が止まってるんですけど…WANTEDって、まだあったんですか? 阿部さん居ないけど。鋼、オマエWANTEDだったの、もしかして!? WANTEDの一員としてPR活動が足りねぇよ。悪いけどJWP大好きなお客さん以外、WANTEDは阿部さんが辞めてなくなったと思ってるぞ!? バタンキューとやりたいんだったらな、PR活動に力入れてもらっていいですか? 2人とも。オマエら発想のヒラメキってもんがねぇんだよ。そういうのが全部試合に出てんだよ!」
ボリショイ「(WANTEDの2人に)PR活動、頑張ればいい。試合で来いよ。試合が終わってから来たって意味ねぇんだよ。本気でつぶしに来いよ。こっちもまだまだ足りないけど全力で…中島安里紗。オマエに辿り着くよ! 私はまだやるべき事がある。でも必ずその先にオマエを見てるから」
中島「WANTEDでも全力バタンキューでも何でもいいけど…私は後楽園ホール、高橋奈七永とやりたい。そして木村響子…オマエは時間ないかもしれないけどな、私にとっても時間ねぇんだよ。オマエが辞める時までに徹底的にぶっつぶしてやるからな! 絶対逃がさないから覚悟しとけよ」

以下、各選手のコメント

★中島安里紗
━━木村からの挑戦表明について。
「そうですね。タッグのチャンピオンとして、女子プロレス界にベストフレンズっていう名前が通用するようになってるんだなって。木村響子のところにも届いてるんだなっていうのは嬉しいし“いつでもやってやる”って気持ちですね。私個人としては木村響子と試合がしたい。でもタッグとしてはやっぱりWANTEDに想いもあるし…みたいな。複雑なところですが、誰が来ようが防衛は間違いないと思って」
━━木村とは激しくやり合ったが。
「やっぱりホントにムカつくので…。ムカつくし、強いってわかってるから倒したいし負けたくないし。ホントにプロレスラーとして1番純粋な思いとして、あいつに負けたくない、あいつをつぶしたいっていう気持ちがすごく強いです」
━━後楽園での高橋奈七永戦をアピールしたが。
「いま言い始めたわけじゃなくて、ずっと言ってるので。ただ、私は無差別のチャンピオンでありますがタッグのチャンピオンでもあるので、シングルなのかタッグなのかっていうのはまだ…。でも、やっぱりベストフレンズが始まって1年ぐらい経つので、今までやってきたことの集大成としてベストフレンズとして何かやりたいという思いもあります」
━━コスチュームをロングタイツにした理由は?
「イメチェンというか…(苦笑)。私は1度辞めてるんですけど10周年になって、10周年に思いはないんですが4冠チャンピオンとして気持ち的も変わってるし、何か変わっていきたいっていうのがすごく強くて。試合スタイルもそうですし、自分のイメージっていうのもそうですし。今までの中島安里紗を崩して離れていくファンならば、それが私のやってきたことだと思うし。いろいろ変わっていく時かなと思ってますね。今日初めてのロングで、前回の大阪はハーフパンツだったので、動きにくさも含め試行錯誤は重ねていくと思います。今のところ100人中、100人反対レベルなのですが…(苦笑)」

★木村響子
━━ベストフレンズへの挑戦表明について。
「いま全力バタンキューをやってるんで、やっぱりタッグかなと。無差別もどっかで頭の中にあるんですけど、とりあえずはタッグ。ベストフレンズがもうけっこう長いこと(ベルトを)巻いてるんで、そろそろひっぺがさないとね」
━━パートナーは誰に?
「バタンキューの中から。みんなで話し合いたいと思います。人数多いんで2チームとか、バタンキュー対決とかもありなのかな? と思いますけど」
━━中島は後楽園での高橋奈七永戦をアピールしたが。
「別に“どこで”っていうのはないので。ホント全部タイミングなんで、なんもこだわらないです。ホントに時間がないので、どこででも。縁がある選手とか、やりたい選手とはどんなちっちゃいところでもやりたいと思います」
━━中島に対する評価は?
「相変わらずクソ生意気だなと思って。“評価”っていうと自分がすごい上にいるみたいなんですけど(苦笑)」
━━2年前に無差別を懸けて敗れているが、引退までにもう1度中島とのシングル戦を?
「そうですね。それはやりたい。まだまだだと思ったらあっという間。“もう夏じゃん”と思って。時間がない中での話なので、もう場所とかに対するこだわりもないので。皆さんご存知の通りJWPってちっちゃい会場ほど、すごい思い入れを持った人たちが集まるんで。たくさんの人に見てもらいたいっていう反対のところで、すごい思い入れのこもった人たちの中で、“ピュア度”が高い中で試合できるっていう幸せもあるのかな? って。みんなどうしても“大きい会場で話題にならないと”とかあるんですけど。こんな時代だからこそ、そこまで話題にならなくても“あの時、すごかったよね?”っていう、私はその幅がプロレスだなって思って、すごい好きなんです。スケジュールが合わなかったら道場マッチでも乗り込みますよ」
━━次にアメリカに行くのは?
「未定なんですけどホントに今、行くタイミングも難しくなってきて…6月末には旦那の試合があって1週間ぐらいは帰るんですけど、やりたい選手がいっぱいいるんで、もしかしたらずっと日本にいるかもしれないですね(笑)」

★ストロング・ディアナ魂
Sareee「愛実とは2年ぶりの対戦で、自分がなかなか獲れなかったジュニアのベルトを、愛実に勝って自分が巻いて。そのあとすぐに引退発表して…自分はすごいショックだったので。これからどんどん自分たちが盛り上げていくと思ってたのに引退していって…すごい悔しかったんですけど、こうやってプロレス界に戻ってきてくれて自分はすごい嬉しいし、愛実と対戦するのがすごい楽しみだったんですけど…。今は全然、愛実より先を行ってると思うし、2年前はやっと勝てた存在だったけど、今はレベルが違うと思ってるので。今日はドローになってしまいましたけど、もう近いうち再戦したいです。その時はももっとレベルの違いを…盟子のほうが愛実よりもレベル的には上だと思ってるので。これから楽しみです」
盟子「愛実さんが戻ってきて、ちょっとしか経ってないかもしれないですけど…自分以外は皆さんは同期で、でも勝たないといけない状況だと思うんです。自分がフォールを取らないといけない状況だと思うんですけど…久しぶりにムカついたというか、すごい腹が立ちました。また、すぐやりたいですね」
━━かつてライバルだった勝が戻ってきたという嬉しさは大きい?
Sareee「はい。嬉しいですけど、同じレベルにいるとは思ってほしくないし。愛実より何歩も自分は上を行ってるつもりですし、盟子のほうが全然いいと思ってるので。今日見てもらえればわかると思うんですけど、自分たちのほうが全然上だと思ってます」
盟子「悪いですけど自分、“愛実さんが引退した”とか言ってますけど、愛実さんの存在を知らなかったので。実力で上回ってみせます。人気も」
Sareee「今日、JWPの会場なのにスト魂のほうが人気があったと思ってるので。声援が…“自分たちのほうが全然人気じゃん!”っていうのがすごい印象的でした。アルティメット☆ぴゅあふる…って聞こえてこなかったんじゃないですか、まったく。そういうのでも、もう差が出てるんじゃないかなって思いますよ」
盟子「どんどん、これからスト魂は上がっていくんで」

★アルティメット☆ぴゅあふる
美兎「おもしろかったよね?」
勝「うん。でも、やっぱり…悔しいですね。20分…今の自分たちに20分は短すぎたのかな? って思います。もっともっと闘いたかったなぁ」
美兎「あっという間の20分でしたね」
勝「私は再デビューしてからずっとSareeeと対戦したくて、やっぱり“誰とやりたいですか?”って言われて、他団体で思い浮かぶのはSareeeしかいなくて。それを言い続けて今日の対戦が実現できたので、どうしても自分が勝ちたくて挑んだんですが、引き分けになってしまって…自分の中で引き分けは負けと同じことなので、とても悔しいです」
━━2年ぶりに対戦したSareeeは以前と比べてどうだった?
勝「かつてはベルトを懸けて何度も対戦して、ライバルと呼ばれる存在だったんですが…自分が1度プロレス界から離れて、今日対戦してみて“Sareeeのほうがまだ先を走っているな”っていうイメージはあるんですが、辿り着けない距離ではないと思うので。そこは自分が1秒でも早く隣りに立って、そして追い抜きたいと思っています」
━━スト魂が「JWPの会場なのに自分たちのほうが人気があった」と言っていたが。
勝「JWPのファンの方は控えめなんだもんね?」
美兎「そうそうそう」
勝「声に出さない。“行け行け!”って心で応援みたいな…(笑)」
美兎「でも正直言って、今日の試合はスト魂よりアル☆ぴゅあのほうが押してたと思うし、全然負けてる気もしなかったしね」
勝「うん」
美兎「また近々…」
勝「対戦したいね。もったいぶらないでどんどん対戦していって、またライバルって呼ばせたいと思います」


チケット予約

チケット予約

チケット予約

ローソンチケット

ローソンチケット

hanaside01

hanaside01

DVD通販

DVD通販

DVD通販

twitter

Airbnb運用代行サービス東京

Airbnb運用代行サービス東京

保険の無料相談

保険の無料相談