メニュー

お知らせ

【レポート】7月9日(日)第7回亀アリーナマッチ


DSC00558

DSC00584

DSC00637

DSC00645

DSC00672

DSC00703

DSC00717
DSC00760

DSC01021

DSC00783

DSC00863

DSC00913

DSC00957

DSC00989

DSC00995

DSC01017
JWP時代から通算5回目となるLeonプロデュースによる道場マッチは140人の札止めを記録。第1試合はコマンドボリショイとKAZUKIが「ガオー!」、「ガオガオ」と言いながらやりにくそうに闘い、ハリセン係を務めたPURE-Jスタッフの日向あずみさんとラビット美兎さんが乾いた音を響かせる。ボリショイのクラッチ・デ・ガオーで決着がつくと、マイクを持ったKAZUKIは7・23板橋大会でMIKAMIとの再戦をアピール。ボリショイがラダーマッチの相手として連れてきたはずのMIKAMIが乗り気でなかったことに不服を訴えると、ボリショイは当日のオープニングアクトをリッキー・フジが務めることを明かし、MIKAMI&ボリショイvsリッキー&KAZUKIのミックスドマッチを決定。KAZUKIはラダーマッチ実現に向けて、MIKAMIと再び相まみえることになった。第2試合はライディーン鋼と雫有希が大型女子レスラーならではの肉弾戦を展開。雫がラリアットで打ち勝ってみせた。

メインイベントは海水浴用の水着に身を包んだ4選手のタッグマッチ。名物の場外完食ルールも加わり、勝愛実が連続してスイカを食べるハメになると、勝につけまつげを取られてしまった藤ヶ崎矢子は先輩を相手に激怒するひと幕も。Leonが中森華子にスピアーを叩き込んで分断すると、勝のフェースバスターからマッド・スプラッシュを決めたLeonが3カウントを奪った。


チケット予約

チケット予約

チケット予約

ローソンチケット

ローソンチケット

hanaside01

hanaside01

DVD通販

DVD通販

DVD通販

twitter

Airbnb運用代行サービス東京

Airbnb運用代行サービス東京

保険の無料相談

保険の無料相談