メニュー

お知らせ

【レポート】8月11日(金・祝)後楽園ホール 12時


8月11日(金・祝)後楽園ホール 12時

《PURE‐J女子プロレス旗揚げ記念興行~DREAM GO!〜》

JWP最終興行から4ヶ月が経ち、いよいよ正式に旗揚げ戦を迎えたPURE−J女子プロレス。まずは『HOST−TV.COM』で共演した縁から大勢のホストたちがのぼりを掲げる中、PURE−Jの所属7選手がリングイン。選手を代表してコマンドボリショイが「私たちがPURE−Jです!!…こうして今、このリングに立てること…応援してくださるすべての皆さんの思いに…感謝の気持ちで、胸がいっぱいです。本当にありがとうございます!! これから10年、20年、30年…PURE−Jを背負っていく覚悟、喜び、それを表す大会にしたいと思います! 皆さん最後まで熱い応援をよろしくお願いします!」とあいさつ。団体旗の掲揚(けいよう)に続き藤ヶ崎矢子による選手宣誓を務め、「宣誓! 私たち選手一同は、プロレスを愛しています!! 青春のすべてをプロレスに捧げ、プロレスの素晴らしさを皆さんに伝えます! PURE−Jが皆さんに愛されるよう、プロレスの神様に愛されるよう、全力で闘うことをここに誓います! PURE−J選手代表・藤ヶ崎矢子!」と、元気よく大会の幕が開ける。

DSC00490 DSC00501 DSC00508

7・26GPS新木場大会で小波からまさかのギブアップ負けを喫し、自身に懸けた10万円の賞金を奪われてしまったコマンドボリショイは、新たに10万円を用意してのリベンジマッチ。前回敗れたコナロックWに苦戦を強いられながらも、ピコニー・スマッシュから腰を落として極めるストレッチプラム・改でギブアップを奪ってみせた。無事に20万円を手にしたボリショイだが、セコンドに付いていたザ・グレート・カブキが第4試合のラダーマッチの賞金にすることを提案。「カブキさん、ちょっといたずら心がヒドすぎます。自分で言っといてなんですけど、私の私物なんで」と苦笑いするボリショイだが、会場の反応を見て「PURE−Jがもっともっとおもしろくなるなら、20万円、懸けます!」と決意。続いて小波に対し「お金に対する執着心は素晴らしかった。これからもっともっと2人にしかできない試合ができると思う。これからもPURE−Jともどもよろしく!」と声をかけると、小波は「私はお金じゃなくてもPURE−Jにあるベルトとか狙っていきたいなと思ってます。今度、トーナメントでしたっけ? あるんですよね?」とアピールし、PURE−J無差別級の初代王座を争う予選リーグへのエントリーが決定した。

DSC00617 DSC00738 DSC00750 DSC00904 DSC00933 DSC00958

第2試合は旗揚げまでの準備期間として開催されてきた『ドリーム女子プロレス』にレギュラー参戦してきた所属外選手によるタッグマッチ。7・30名古屋大会で藤ヶ崎矢子を破った安納サオリはPOPのベルトを腰に巻いて入場。希月あおいの丸め込みを切り返した万喜なつみが、キャリアで大きく勝る希月から3カウントを奪ってみせた。

DSC01118 DSC01302

第3試合はLeonが11月に引退が決まっている吉田万里子と13年ぶり、そして最後のシングルマッチ。多彩な関節技でらしさを見せる吉田に対し、カウンターのスピアーを叩き込んだLeonはキャプチュードバスターで3カウントを奪取。試合後は互いの手を上げて健闘を称えると、向かい合わせでリングに頭を着ける。DSC01352 DSC01407 DSC01552 DSC01610 DSC01678

KAZUKIはMIKAMIを相手に念願のラダーマッチに挑戦。ラダーの上に賞金20万円が吊るされる中、経験の差を見せつけ優位に試合を進めるMIKAMI。しかしラダーの上でエルボーの応酬から、KAZUKIがMIKAMIの頭を抱えて強引に唇を奪う暴挙に。MIKAMIがたまらずラダーから転落すると、KAZUKIが賞金を手にして勝者となった。

DSC01764 DSC01786 DSC01877 DSC01939 DSC01955 DSC01966

“ビジュアルハンター”藤ヶ崎矢子の獲物は井上貴子。試合開始前から「47歳貴子さんお願いします!」と挑発する矢子は、試合中に「貴子さん! 昔、自分がプロレスファンだった時にダッコして“将来プロレスラーになるんだよ”と言ってくださったの覚えてないんですか!? 私、立派なアイドルレスラーになりました!」と叫ぶなど揺さぶりをかけていくが、最後は美拳からのディスティニー・ハンマーで貴子が完勝。マイクを持った貴子は、「PURE−J旗揚げおめでとうございます。さっき矢子が何を言いたかったかわかりました? 赤ちゃんの時にお母さんがダッコして試合を観戦に来てグッズ販売のとこに来てですね、握手をして“大っきくなったらプロレスラーになるんだよ”って無責任なことを私が言ったっていう…(笑)。それで“私はホントプロレスラーになりましたよ”という、そういうことです。お母さん今日来てるのかな?(客席にいた矢子の母に対し)試合を見に来てくださり、ありがとうございました」と感謝を述べる。

DSC02072 DSC02114 DSC02213

後半戦、第6試合では、顔に黄×紫のペイントを施して変身を図ったライディーン鋼が松本浩代と激突。いつも以上のハイテンションで松本に食い下がる鋼はヨコスカ・カッターからフロッグ・スプラッシュ。ラリアットでなぎ倒すなど奮戦するが、松本が走り込んでの剛腕から必殺のロックドロップで差を見せつけた。

DSC02344 DSC02405 DSC02454 DSC02469 DSC02630

7・14浅草大会で遺恨が勃発した勝愛実と堀田祐美子が再び一騎打ち。試合前に場外カウントなしがアナウンスされ、パイプイスを持ってリングインした勝が堀田の眼前で中指を立てて挑発すると堀田もエキサイト。開始早々の場外戦から勝を流血に追い込んでいく。顔を赤く染めながらも攻撃の手を休めず果敢に向かっていく勝だが、堀田がパワーボムの体勢から真っ逆さまに叩きつけて3カウントを奪取。マイクを持った堀田は、「おい勝愛実! 今日はオマエらPURE−Jの旗揚げかもしれないけど…私は私のやり方だから。そしてオマエに一言、プロレスってもんはな! ただ強いだけじゃダメだ。オマエの気持ち、その腐った気持ち…オマエがいくら強くても、プロレス界の頂点には行けねぇんだよ。悔しいだろ? だけどな、それがこの結果だ。もっとボコボコにしたかったけど…。わかるか? 心でやれよプロレスを! そしてプロレスをナメんじゃねぇぞ。負けず嫌い、最高だと思う。PURE−J…PUREって意味わかるか? その気持ちをわからない限り、オマエは1番にはなれない。もっと勉強しなくちゃいけないんだよ。そしてオマエに試練を与えてやるよ」と9・2新宿FACEで行なわれる自身の大会での神取忍&勝愛実vs井上京子&安納サオリ戦を通告。
勝は「私は今日…正直、堀田祐美子にブチ殺されるかと思った。私にはレスラーとして、1人の人間としてまだまだ足りないことがあって…未熟だよ。認めたくないけど! 今日はプロレスの奥深さ、すっっごく感じました。負けてこういうこと言うのもすごく恥ずかしいし悔しいけど、口に出していかなきゃダメだと思うから。私はPURE−Jのトップにもなりたいし、顔にもなりたい。中心になりたいです! だから! PURE−Jを背負って、レジェンドに立ち向かっていくよ」と返答。握手を求める堀田の手を握り返した勝だが、その手を振り払ってみせた。

DSC02694 DSC02708 DSC02719 DSC02745 DSC02859 DSC02899 DSC03048 DSC03190

メインイベントは中森華子と里村明衣子のシングル初対決。キックを主体に攻撃を繰り出す中森に、里村も同じように対抗。鎮魂歌ドライバーからダイビング・ギロチンを狙う中森だが、里村がかわしたため自爆に。エルボースマッシュからハイキック、デスバレーボムにつないだ里村が勝利を飾った。
里村は「旗揚げのメインですごいプレッシャーだったと思いますが、いい選手です。頑張ってほしいし、絶対にもっともっと上がれるよ! あと1000倍努力すればね。ボリショイさん! PURE−Jを旗揚げして頂いてありがとうございます!! センダイガールズ1番ダメな時に助けて頂いたのがボリショイさんだったので、今回旗揚げして頂いて嬉しかったです。そしてメインに抜擢して頂いて嬉しかったです。ありがとうございます。若い選手がもっと上に行って倒すことをしてくれれば、ボリショイさんも団体としてもっと大きくできるんだよ。いつか、そのために…できると思うよ。今は無理だけどね。今日はどうもありがとございました」とボリショイと握手を交わす。中森は「わかってんだよ! 里村明衣子! オマエ言われなくても、私はやってやるんだよ!! 今日からまた這い上がって、必ず倒してやるからな! そのためにも私はチャンピオンになる! そしたらオマエを指名してやるよ!」。里村は「来い!来い!」と応じてリングを降りる。最後は中森が「皆さん今日はありがとうございました! 悔しいことも悲しいことも、そして嬉しいこと楽しいこと! 私はこのリングでみんなと一緒に作っていきたい。そして感じていきたいです! 今日からPURE−J女子プロレス始まります! これから応援よろしくお願いします!」と締めた。

DSC03380 DSC03406 DSC03451 DSC03651 DSC03665 DSC03708 DSC03755 DSC03777 DSC03838 DSC03885 DSC03912

以下、各選手のコメント

★コマンドボリショイ(第1試合後)
━━試合を終えて。
「嬉しさしかないです。やっと自分たちがホームだって言えるリングを用意できて、こうしてたくさんのお客さんに集まって頂いて試合ができる。本当に嬉しいです。満員のお客さんと新しいオープニングテーマ曲が鳴ると、嬉しさと改めてこれからの覚悟と新鮮な気持ちを感じました」
━━小波に勝って10万円を取り戻したが。
「良かったです。死活問題でしたよ。これで20万円取られると、お金取り戻すためにまたお金かけなきゃいけない…。これはカブキさんがおっしゃる通りPURE−Jのために使って、次のラダーマッチでMIKAMIが勝ってしまうととんでもないところへ行ってしまうので、なんとしてもKAZUKIに勝ってもらって、いつか私のポケットに戻ってくればいいかなって(笑)」
━━ほかの選手に期待することは?
「自由に伸び伸びとやってほしいです。個々みんなすごく素晴らしいものを持ってるのに、どこかでブレーキをかけてしまっているところがあるので、その光を自分たちのホームで放ってもらいたい。今日はそういうマッチメークなので1番発揮できるんじゃないかなと思っています」
━━新たなベルトについて。
「いま製作中で、海外で作っているので今日に間に合わなかったんです。10月に決定するので、その時には手元にあります。次の8月20日から予選リーグが始まって、決勝トーナメントという形で決定します。10月9日は両国KFCで大会を行ないます。第2のビッグマッチで、PURE−J無差別級王者が誕生することになります。キャリアに関係なく1番を狙うことで羽ばたいていってくれたら理想的です」

★Leon
「もう夢のような時間でした、私にとって。もう一生吉田さんとシングルはできないと、どこかで思っていたので…。こういう旗揚げ戦という大事なスタートを吉田さんと闘えて、しかも初めて吉田さんに勝って、前に進めるということで本当に嬉しいです。もうホントに10年以上ぶりの対戦だったんですけど、全然衰えてるとかじゃなくて関節技がすごくて、一瞬のスキを突いて…。私が憧れ続けて、背中を追い続けてきた吉田万里子はさすがだなと思いました。プレッシャーというよりも、本当に嬉しい気持ちでいっぱいで、楽しみで仕方なかったです」
━━PURE−Jでの目標は?
「やっぱり、どんどん新しい選手にも入ってほしいので、未来の見える明るいPURE−J女子プロレス…可能性を皆さんに感じて頂ける団体にしたいと思ってます!」

★吉田万里子
「素晴らしい選手です。彼女はホントにスピードもパワーもスタミナも、技もすばらしい選手と改めて思いました、13年ぶりっていうことで“引退前だからシングルを”って言われたんですが、この試合に限ってはノスタルジックではなく、本当にアルシオンの頃を思い出して、1選手としてやったんですが…。彼女はオーディションの時から見てるので、彼女が女子プロ界にいろんな若手を育ててくれる、そういう選手になってくれたことが嬉しいです」

★KAZUKI
「いや〜とにかく嬉しいです! あそこまでやられてたら“これしかないな”と思ったので、とっさに…(笑)」
━━ラダーマッチについて。
「もっともっと、なんか違うことできるんじゃないかなって思います。「もし機会があれば。そのためには、また対戦相手が必要なので…。今日みたいなラダーマッチとか、今までになかった形でだと思うので、JWPの頃とか。もっともっといろんなことにチャレンジして、取り組んでいきたいなと思います。
━━PURE−Jでの自身の役割は?
「え〜、なんですかね…王道ではないですよね? でも、PURE−Jを盛り上げていくためなら、私はどんな役割でも果たします」
━━獲得された20万円は何に使う?
「もちろんPURE−Jのために…。ボリショイさんがPURE−Jのために使うって言ってたのでね、私もPURE−Jのために使いますよ(笑)」

★藤ヶ崎矢子
「自分は昔、貴子さんに『将来プロレスラーになるんだよ』って言われたのは全然…一切覚えてなかったんですけど、対戦が決まってから母親にその昔話を聞いて、これ“もしかしたら怒らせたら、何かスキができるんじゃないかな”と思って昔話をしてみたんですけど、本人(貴子)がまったく覚えてないっていう…。逆にちょっとムダだったなって思ってます(苦笑)」
━━試合前から貴子の年齢に触れていたが。
「いやでもホント47歳にしてはものすごくおキレイで、自分も年取ってもあれだけキレイな美魔女になりたいなってずっと思ってます。こうしてプロレスラーになって貴子さんと闘えるのはホントすごく嬉しかったですし、もしリベンジする機会があればやりたいなと思ってます」
━━旗揚げ戦について。
「すごく緊張もしたし、これからが自分にとっての新たなビジュアルハンターとしてのスタートだなと思っているので、もっとパワーアップした自分を見せられたらいいなと思っています。コミカルもできて普通のシリアスな試合もできて、上の先輩だろうが後輩だろうが、誰からも恐れられる選手になりたいなと思ってます」

DSC02285

★ライディーン鋼
「めっちゃナメてかかってたんですけどね…。チャンピオンは強いですね。“覚醒しろよ!”って松本浩代に言われて、これが私の覚醒したところ…かな。テーマ曲も変わったしペイントにもなったし、これが私のイメージになっていきます。トップレベルで闘えるパワーファイターでいけるような選手を…その位置に立ちたいと思います。もっともっとパワー付けていきます」

★勝愛実
「一言では言い表せないくらい、いろんな思いがあります。(7・14浅草)花やしきで対戦した時も“なんだこのクソババア”って思ってましたけど、やっぱり業界にいるのがすごく長いわけで、自分よりたくさん経験も積み重ねていて。私はそこはどう頑張っても超えられないし、頑張っても詰められない部分ではあります。正直、負けて大きなことをいうのも恥ずかしいし悔しいんですけど、何も言わなきゃ始まらないと思うんで。今日の一戦がこれからのプロレス人生の中で必ず生きていくなっていうのは感じたんで。悔しいけど、認めたくないけど、堀田祐美子を受け入れていかないと自分はレスラーとして成長できないなと感じました」
━━PURE−Jでどういう試合をしていきたい?
「PURE−Jのリングのキャンバスはまだ白くて、これから色がついていって1つの大きな絵を完成させていかなきゃいけないし、無限の可能性がある場だと思っています。選手の数の分だけ夢も希望もあるし。ただ、私1人としては何もいつわる必要はないと思ってて、勝愛実が闘いたいように自分の本能に任せて闘える場だと思っています」
━━「PURE−Jを背負って闘う」という発言について。
「これからどんどんキャリアを積んでいくためには、いろんな経験が必要だと思います。その中の1つとして捉えています。ただ、PURE−Jのトップに立つためには上の人間を倒していかなきゃいけないので、そこは1つの大きな壁だと思っています。再デビューしてもう1年以上経ってるんですけど、なかなか結果を出せなくて。チャンスはいっぱいあったんですけど、自分の手でつかみ取れなかったというのが自分の中で大きく残っているんです。これからは1つずつ、発言を実現していかないとダメだと思うし、周りにも認めてもらえないと思うので、そこはしっかりクリアしていきたいなと思っています。自分の大きな課題ですね」
━━今、メインのリングに経っている中森を意識している?
「後楽園のメインに立ちたいとずっとずっと思ってて、やっぱりあと一歩というところで中森華子に取られて悔しいんですけど、私はこれで諦めたつもりはないですし、次の後楽園…後楽園に限らず、どこの大会でもメインを張れるような選手になっていきたいと思うので。まだまだこれから通過していかなきゃいけないこと、もあると思うので、1つ1つ自分が乗り越えていかなきゃいけないところではありますね」

DSC03319

★中森華子
「結果は…。でも、また今日から這い上がっていく。里村明衣子も必ず倒すし、このまんまじゃ終われないので。今日から私の道を作っていくだけだと思っています。すべて受け止めた上で、これから私が上に這い上がっていかなければならないと思っています」
━━PURE−J初のメインイベントを務めたが。
「私以外メインはありえないと思っていたし、メインで試合をするのが私の中では当たり前で、そこで勝ってこれから引っ張っていく…PURE−Jの中心・主役・エースは私だから。そう思っていたけど…こういう形で負けてしまってすごく悔しいし申し訳ない気持ちでいっぱいだけど、それで終わるのが私じゃないので。これからも見て頂きたいって思っています」
━━最後のJWP無差別王者として、新設王座に向けて。
「私が巻くしかありえないっていうふうに思ってます。PURE−Jのメンバーが全員そこ(予選リーグ)に入るんですけど、私はそこで勝ってチャンピオンになって、里村明衣子を指名したいと思います。“(団体の)名前が変わっただけだね”って言われるのが1番ダメだと思うので“新しく何かしていかなきゃ”っていう気持ちでやってきて…夢も希望も目標もすごく今いっぱいある状態で、全部を叶えていかなければPURE−Jなんてやる意味もないと思うし、私が中心となって選手たちを引っ張っていきたいと思ってます」

DSC03940

★里村明衣子
━━初めてシングルで闘った中森について。
「いい選手ですね。こうやってメインで抜擢されたっていうことも、やっぱり本人の意思で…“絶対に団体のエースになるんだ”っていう意志で来たんだと思いますし。いい選手ですね」
━━試合後に「1000倍努力しろ」という言葉があったが。
「旗揚げの時点でゼロですからね。ここからやっぱりスタートするにはいろんな壁もありますし、プレッシャーもありますし…でも、行けるんじゃないですか?」
私も旗揚げ戦は自分自身の団体で2回経験してるんですけど、GAEA JAPANとセンダイガールズと…。やっぱり旗揚げっていうのはホントにいろんな人の気持ちが込められた状態でのスタートだったので、それがお客さんの声援から伝わってきますよね。この期待を力に変えて、頑張っていってほしいですけど…」
━━中森からはその気持は伝わった?
「私は向かい合って伝わりましたけど、やっぱりもっと万人に伝えるにはそれこそ1000倍の努力が必要なんじゃないですかね。それは私もまだまだ、今やってる過程なので、そこまで強くは言えないですけど。ホントに団体のスタートを切るという意味では、このメインはこれが現状だったかなという。良くも悪くも…。それは中森自身が一番よくわかってるんじゃないかなと思います」
━━試合後に「旗揚げしてくれてありがとう」という言葉があったが。
「やっぱりJWPをずーっとボリショイさんと選手が守ってきて、そのすべての気持ちがこういう形につながったと思うんですね。私はJWPでまだまだやりたいこといっぱいあったんで、ライバル関係としてもっとこれからだなと思ってましたし。団体が大変な時に閉めてしまえば簡単じゃないですか? それをやっぱりみんなの気持ちでこうやって始めたということは、決してすごくいい状態からのスタートではないっていうのは…そこからのスタートっていうのは、やっぱり私も力になりますよね。もっと闘う人ほしいんで」

DSC03960

★ボリショイの総括
「やっと自分たちのホームリングが…ここからが勝負なので。自分たちのホームがしっかりできて、この旗揚げまでたくさんの人に協力してもらって、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。裏方でやることがたくさんあるので試合はチョロチョロしか見れてないです。モニターで見たり会場の雰囲気は伝わってきて、それぞれに課題はあるけども1人1人“自分たちが主役だ”という気持ちは持ってくれたと思うので。あとはもう上に伸びていくしかないです、ここから」
━━セミとメインはリングサイドから見ていたが。
「本人たちももちろん満足してるわけじゃないし、ここからさらに這い上がっていく姿をみんなに見て頂けたらと思います。ここで落ちるような2人(中森と勝)ではないし。負けて終わりではないので、自分たちはPURE−Jを守っていくらでも闘えるので。リベンジのチャンスはたくさんあると思います」
━━旗揚げまでのドリーム女子プロレスの成果を取り入れた部分などは?
「ルール的なこととかは取り入れてないんですけど、ある程度“JWPじゃなくても、枠を外してもいいんだな”っていうこと。おもしろければみんなついてきてくれるし、自分たちが見せるものは決まっているので。(所属選手の)全試合シングルとかもなかったと思うので、ドリーム女子プロレスでやってきた度胸というか…実験したことで、おもしろいなと思うことまだまだあるので、それはこれからの興行で。まず今日は“私たちがPURE−J女子プロレス”っていうスタートを見せたかったので。これからはPURE−Jのベルトができるので、それに向けて予選リーグ、決勝トーナメントを行なっていきます。今日、小波選手が入ったことで(予選リーグの)12人そろいましたね」
━━観客動員も1000人を超えたが。
「良かったです。今日は旗揚げなのでご祝儀という気持ちもあると思います。今日のお客さんが次の(両国)KFC、12月の後楽園ホールに足を運んでくれるか? 今後のPURE−Jに期待して見てくれるか? っていうところはそんなに世の中甘くないと思っているので。ご祝儀だからといってこんなにたくさん集まってくれるとは思ってなかったので、もう嬉しかったですね。本当にこれから自分が社長になって10年、20年、30年…選手たちがのびのび力を発揮できる環境を作っていくことが、PURE−Jだなって思うので」
━━JWPの25年の歴史を超える?
「超えます。もっともっとワールドワイドになっていけるように、選手もスタッフも増やしていけるように…会社を大きくしていきたいです」

DSC03988


チケット予約

チケット予約

チケット予約

ローソンチケット

ローソンチケット

hanaside01

hanaside01

DVD通販

DVD通販

DVD通販

twitter

Airbnb運用代行サービス東京

Airbnb運用代行サービス東京

保険の無料相談

保険の無料相談