メニュー

お知らせ

【レポート】5月6日(日)板橋グリーンホール 13:00


5月6日(日)板橋グリーンホール

~真向勝負シリーズ3 13:00
[Jヤングプロデュース]

3連戦最終日は“Jヤング”勝愛実&ライディーン鋼&藤ヶ崎矢子&マリ卍のプロデュース大会。

E9113EBA-FA36-4545-870B-4C6DC5F377E5

マリ卍は自身の希望によるコマンドボリショイとのシングル対決。果敢にエルボーを打ち込むマリをグラウンドでほんろうするボリショイは、マリの得意とする卍固めを逆に仕掛けて会場のどよめきを誘う。619から低い体勢のストレッチプラムでギブアップを奪ったボリショイはマリに対し、「PURE-Jでデビューしてくれてありがとう。キャリアもこんなに離れてる…実力差があるのは当たり前や。でも…絶対あきらめたらあかん。必ず近いうち私を超えろよ。“プロレスが好きだ”っていうけど全然闘いに生かされてない。プロとしてもっと磨いていけよ。私はリングを降りたら甘いけど、リングの上では人一倍厳しいから。覚悟してついてこいよ」とエールを贈る。

81509E2A-6BA6-42EE-B4E2-08A3393F0438 8EA687C5-F70D-4BDD-9F9A-F275429B7493 B674FADC-1C1F-4F9A-9A0E-36DA4280C417 2F1D1078-B5CA-4F63-AB52-56B20E56A33C 8CAA5FBA-8020-4BE7-AF58-D423CFAE5A5A

KAZUKIとLeonのシングル戦は、体勢を切り返したLeonが3カウントを奪取。3連勝で連戦を締めくくった。

82782670-23F4-4B74-9363-70897EE21318 7B6FC265-993B-4FE0-935E-7B9626FE6298 23D50C76-7570-41E6-9208-AB6E6ADEA172 5AE053BE-A7BB-46ED-9480-46FB7C257B14

藤ヶ崎矢子が自分のことを可愛いと思っている選手をまとめて成敗するための時間差バトルロイヤルは、矢子と沙紀の2人からスタート。矢子の顔に水を吹きかけた沙紀は続いて登場する日向小陽とともに矢子に無理矢理メイクを施す。希月あおい、中森華子、安納サオリ、真琴もおとなしく成敗されるはずもなく、矢子が孤軍奮闘する苦しい展開に。しかし言い出しっぺで負けられない矢子が意地で生き残り、最後は真琴と小陽を2人まとめてのヒップアタックから押さえ込んで3カウントを奪取した。マイクを持った矢子は「よっしゃーまとめて成敗、成功~っ!! オマエら、悔い改め自分んことを可愛いと思ってんじゃねぇぞバーカ!」と勝ち誇るが、これに中森が「異議あり! ほかのみんなはオマエにフォールされたり落とされたりしたかもしれないけど、私は希月あおいにフォール取られたから。私は成敗されてない! 成敗失敗! 残念でした~!」。矢子は「そんなこと言うんだったらな、次の板橋でオマエとシングルさせろよ。そこで正式に成敗してやるよ!」と6・10板橋大会での中森戦を要求した。

EA7F521B-49CF-40C4-B8D9-10AE4E579F7C 06CBF0B5-035A-49CC-892C-1864AD1C2BE5 D1B45CFE-393C-44B0-9C4E-8CAE977A6430 AF4F0D03-5253-483F-8D57-83F20D8764A2 E133BB23-89A7-40B3-BE0E-3870CFFFC2A6 9C821806-9491-426C-8A81-5EDB42F650F7 1CD4BAE2-352F-4F57-B84A-879B9AB2D0E2 E5EC6D20-2CF6-4A1E-8FA5-2CB898D56561

メインイベントは勝愛実&ライディーン鋼がSareee&茉莉と激突。同期のSareeeと激しく火花を散らした勝は、鋼がSareeeを足止めしている間に茉莉にジャーマン。最後はダイビング・エルボーでとどめを刺しPURE-Jの勝利に。カーテンコールではボリショイが、「PURE-Jの未来を先ほど客席から見せて頂きました。これからPURE-Jはさらに前進していくので皆さん応援よろしくお願いします」とプロデューサーを務めた4人を評価。勝は「私はこの3日間通してたくさん吸収することもありましたが、また新たな課題が見つかった3日間となりました。そして倒さなきゃいけない奴も明確に感じることができたので、それも大きな収穫の1つかなと思います」と決意を新たにした。

B2EABA63-B3FA-4A65-BF57-072C2CCD00D4 4E284F6A-4619-46DD-8762-8070BE4FF984 54F8116B-D222-4209-9827-E7FA779A9D88 6D89E6BF-40C2-440F-B631-D075DC502809 D46682B2-1DF4-48F8-B839-999018007C2B 400D5E26-787E-4D09-9C0D-58F1E79D4859 562C2CC8-647B-47B8-A612-F53D56DC358A DD7D6A1A-0E17-42CD-B76B-56C3CBDA76A7 DEA1228E-6065-4667-834F-14E3BAD3DB11 52568240-DD7F-497E-BAFF-3EB4A06DD0BF 517BA22B-3BF1-4254-91D0-85C062C1FE90

以下、各選手のコメント

★勝愛実
「3日間通してそれぞれプロデュースする大会ということで、最終日にふさわしい大会にできたかなって思いますね。PURE-Jの未来を見せるって意味でも、明るく激しくバチバチに終えれたのは良かったことじゃないのかなって思います」
━━Sareeeとは3ヶ月ぶりぐらいの対戦、茉莉とも新鮮な組み合わせだが。
「茉莉選手は他団体のタッグマッチで対戦したきりでしたので。やっぱり勢いもありますし、あなどれないなっていうのがありますね。これからどんどん下からの追い上げというか風も感じてくると思うので、負けないようにもっともっと上に行かないといけないので。いろんな課題が見えた大会だったかなと思います」
━━カーテンコールで「倒すべき相手が見つかった」と話したが。
「それはもうこの闘いを見て頂いた方は、もう皆さんたぶんわかると思います。ここで名前を出すよりも皆さんが感じるものだと思うし…。やっぱりPURE-Jのこれからっていうのは私たちの世代が一丸となって引っ張っていかないといけないと、常に思っていることなので。上につぶされてるようじゃまだまだだと思うし、上からの圧力もはねのける力を自分たちが自力で付けていけたら、もっと勢いが加速するんじゃないのかなって思いますね。今日は刺激的でした。すごい楽しかったです! また何度でもやりたいと思います」

B94D6439-3410-4F17-B5CF-F8AA6E7C81E5

★藤ヶ崎矢子
「いや~自分から大きな口たたいておきながら、やっぱりバトルロイヤルはすごいつらいですね。6対1のハンディキャップマッチみたいになって、私の味方は誰もいないならいないで全然かまわないですけど、結局は全員成敗成功したんで。大きな結果を残したってことはすごい嬉しいなと思ってます」
━━自分から「まとめて成敗」と言った以上、味方はいなくて当たり前では?
「そうですね。いなきゃ別にいいんですけど。私1人でも全然勝てる相手だなと思ったんで」
━━特に気になった相手はいる?
「やっぱり中森さんですかね。PURE-Jで1番のアイドルレスラーって中森さんだと思うんで、“中森さんを入れないとおかしいだろうな”ってお客さんも思うと思うんですけどね絶対」
━━ビジュアルハンターとしての今後について。
「まだほかにもいろんなアイドルレスラーがいると思うんで、まだまだ掻き回していきたいなと思ってます(笑)」

2146BC8E-8778-4623-BDCE-2E66E1D1F5F6


チケット予約

チケット予約

チケット予約

ローソンチケット

ローソンチケット

hanaside01

hanaside01

DVD通販

DVD通販

DVD通販

twitter

Airbnb運用代行サービス東京

Airbnb運用代行サービス東京

保険の無料相談

保険の無料相談