メニュー

JWP通信

見どころ

4月2日(日)後楽園ホール大会 12時
《JWP 25th anniversary》

1、JWP認定ジュニア&POP選手権試合 30分1本勝負
〈王者〉藤ヶ崎矢子 vs 安納サオリ(Beginning)

ついに迎えた旗揚げ25周年、そして現体制で最後となるJWPの後楽園ホール大会。オープニングマッチは今大会を最後に封印されるJWPの3つのベルトの中の1つ、ジュニアのタイトルマッチ。王者・藤ヶ崎矢子にアクトレスガールズのトップに位置する安納サオリが挑戦する。ここまで中野たむ、万喜なつみ、高瀬みゆきを連破し、最後の試合の相手として安納を指名した藤ヶ崎は、「ビジュアルハンターとしても絶対に負けられませんし、最後に勝って新団体PURE-JになってもPOPのベルトを守り続けて輝くのは自分です。キャリアの差を見せつけたいと思ってます」と自信満々。それに対し、試合数の増加につれてメキメキと頭角を現してきた安納は「私もベルトを巻きたかったし、初めてのタイトルマッチとして私が勝ちます。アクトレスガールズ代表として、矢子選手が腹に巻いているその歴史あるベルトに“絶対不屈彼女”安納サオリという名を刻ませて頂きます」と意欲をのぞかせる。互いに使う技が似ていると分析する両者だが、最後のJWPジュニア王者としてリングに立つのはどちらになるのか?

IMG_2516

2、JWP25周年記念OG×現役ミックスドバウト エキシビションマッチ 7分間
福岡晶(OG)&日向あずみ(OG)&宮崎有妃(フリー) vs 春山香代子(OG)&阿部幸江(OG)&米山香織(フリー)

旗揚げ25周年大会の大きな目玉として、これまでJWPの歴史を彩ってきた4人のOGが限定復活。JWP出身で今はそれぞれの場で活躍する米山香織、宮崎有妃を加えての6人タッグマッチという夢のカードが実現する。日向あずみ、春山香代子、阿部幸江の3人は現在も試合会場や裏方でJWPをサポートしているが、春山は「引退して1年ちょっと経ってるんですけど、やっぱりリングに上がるからにはあの頃のバリバリ春山のJWP魂で暴れたいと思います!」と笑顔。7年ぶりの試合となる日向は「まさかコスチュームを着てリングに上がるとは夢にも思わなかったんですけど、もうたぶん2度とないことなんで楽しんで、自分のできる範囲で無理のないように頑張りたいと思います」とコメント。阿部は生まれ故郷であるJd’の生誕20周年シリーズでたびたびリングに上がっているが、「初めて対戦する選手もたくさんいるので、すごく楽しみにしています」と抱負を述べた。中でも特に大きな注目を集めているのは福岡晶だろう。コマンドボリショイの同期で“ひーちゃん”の愛称で活躍し無差別級王者にもなった、JWPの長い歴史の中でも屈指の名選手だ。18年前に引退し幸せな生活を送っているが、8年前に1試合だけリングに上がって以来の1日復帰…その運動能力の高さは今も健在との呼び声が高い。7分間だけのスペシャルな空間は絶対に見逃せない。

IMG_2517

3、JWP25周年記念スペシャルバトルロイヤル  時間無制限
参加選手:ジャガー横田(ディアナ)、青野敬子(ディアナ)、堀田祐美子(フリー)、KAORU(Marvelous)、さくらえみ(我闘雲舞)、
DASHチサコ(センダイガールズ)、万喜なつみ(Beginning)、木村花(Pro-Wrestling ACE)、真琴(REINA)、宮崎有妃(フリー)、
米山香織(フリー)、希月あおい(フリー)、福岡晶(OG)、日向あずみ(OG)、春山香代子(OG)、阿部幸江(OG)

これまで所属選手として、あるいは外敵としてJWPマットの闘いを彩ってきた16人の選手たちがバトルロイヤルで激突。第2試合に出場する4人のOGが加わるため、時代も団体も超越したこの日限りの顔合わせが数多く実現することになる。まさに文字通りのスペシャルバトルロイヤルだ。

4、The same blood battle スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
勝愛実 vs 尾崎魔弓(OZアカデミー)

期待のホープ・勝愛実がJWP旗揚げメンバーでありOZアカデミー悪の総帥として君臨し続ける尾崎魔弓と一騎打ち。過去に他団体の地方大会で1度だけタッグを組んだことがあるという両者だが、対角線で向き合うのは今大会が初めてとなる。勝にとっては大きな壁だが、存在感を示すにはうってつけの相手とも言えるだろう。「私はどんな相手だろうとピュアハート・ピュアレスリングを胸に闘い抜きたいと思ってるので。どういう手を使ってこようとJWPの勝愛実として闘う義務があると思ってます。臆することなく正面からブチ当たりたい。尾崎魔弓がどんなスタイルでこようと、私はいっさい動じるつもりもありませんし、1人できっちりと闘い抜く覚悟です」と言い切る勝。こうなると尾崎の出方次第となるが、JWP最後となる試合で尾崎はどのような闘いを繰り広げるだろうか?

IMG_2518

5、JWP認定タッグ&デイリースポーツ認定女子タッグ選手権 30分1本勝負
〈王者組〉コマンド ボリショイ&Leon vs KAZUKI&ライディーン鋼〈挑戦者組〉

悪性脳腫瘍と闘病中のRayにベルトを捧げるという目的から、今年の開幕戦でタッグ王座奪取を果たしたコマンドボリショイ&Leon。最後の防衛戦の相手は『WANTED’14』KAZUKI&ライディーン鋼に決定した。ベルトへの挑戦表明を2つ返事で認めなかったボリショイに対し、3日間で300人超の署名を集めてこの試合にこぎつけたWANTEDは悲願のタッグ王座奪取なるか? それともボリショイ&Leonが貫録を見せるのか? 今大会で唯一のJWP純血対決…新団体PURE-Jにつなげていくためにも、4人がその真価を示さなくてはならない一戦となる。ボリショイは「残念なことにJWPのベルトは最後の防衛戦ということになり返上してしまわなくてはいけませんが、これからはデイリースポーツのベルトがJWPの歴史を一緒に引き継いで、1本だけど2冠ぶんの想いを背負って闘っていけるように。この舞台で25年間JWPを見てきた人にも“やっぱJWPいいね”って言ってもらえるような、そんな大会になるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。

IMG_2519

6、JWP認定無差別級選手権試合 30分1本勝負
〈王者〉中森華子 vs 倉垣翼(フリー)〈挑戦者〉

現存する中で最古の歴史を誇るJWP…その最後の試合を務めるのは無差別級王者の中森華子。JWP出身で現在はフリーとして活躍する女子プロレス界屈指のパワーファイター・倉垣翼を迎え撃つ。過去2回に渡ってこのベルトを腰に巻いている倉垣は、「JWPが25周年となる大会のメインイベントに出場できてすごく光栄に思います。また、無差別級選手権の最後の試合の相手に指名してくれた中森に感謝しています。この試合に勝って歴史ある無差別のチャンピオンとして名を刻みます」と3度目の戴冠、そして最後の王者となることを誓う。一方、昨年末に王者となった中森はLeon、米山香織という実力派の先輩選手を相手に2度の防衛に成功。倉垣について「まだシングルで1度も勝ったことがないんですけれども、今の私には勝つ自信があります。この無差別のベルトが私に強い力、そして絶対に揺るがない自信を与えてくれました。私が必ず防衛して新団体PURE-Jのステップにしたいと思います。最後のチャンピオンになるのはこの中森華子です。25年の歴史の中で私は6年しか関わっていないんですけれども、すべてを背負ってこの大会、最後の試合に挑みたいという気持ちでいます。このベルトがホントに私自身を強くしてくれたと思っているし、JWP無差別級チャンピオンとしての試合をするだけだと思っています」と断言した。“ピュアハート・ピュアレスリング”JWP女子プロレス最後の闘いを目に焼きつけたい。

IMG_2520

直前情報

4月2日(日)後楽園ホール
開場11:15 試合開始12:00
《JWP 25th anniversary》

交通:JR水道橋駅西口から徒歩3分。都営三田線水道橋駅A2出口から徒歩5分。東京メトロ後楽園駅1、2番出口から徒歩7分。
料金:特別RS席10000円(完売)、RS席・スーパーシート6000円(記念パンフレット付き)、
指定席A4000円、指定席B3000円、指定席C2500円(FC500円引き、当日500円増し)、18歳以下指定席のみ1000円
・5階受付にてオンラインクーポン提示で当日券500円引き

69510FCC-3B80-45E6-A162-9AE37AB6557C-14483-000017DD5C9E558C
・受付は10時30分開始予定。

・オンラインチケット予約の締め切りは大会前日22時まで。
PC、モバイル共通 http://www.jwp-produce.com/
※先着100名様に大会特製トレーディングカードをプレゼント致します。

◆売店情報
■先行発売チケット
8月11日(日)後楽園ホール PURE-J女子プロレス 旗揚げ記念興行 ~DREAM GO!~ 12:00
☆前売りチケット御買い上げの方にお好きなトレカをプレゼント!
■オフィシャルグッズ
・25周年記念パンフレット 1500円(先着100冊JWP全選手サイン入り)
・25周年記念ポスター(JWP全選手サイン入り) 1000円
・2017年JWP卓上カレンダー 1000円
・各大会DVD 2000円~(新作:3.20 板橋大会2000円)
・各選手ポートレート 各1000円
※4.2限定25周年記念ポートレート 各選手1種類1000円
・JWPロゴTシャツ(半袖3000円、リュック付き長袖4000円)
・各選手オリジナルTシャツ 3000円~
・プラム麻里子イラストTシャツ 3500円
・JWPトートバッグ 2000円
・ツーショットポラロイド撮影 1000円
・中森華子グッズ(・写真集ZERYOKU3000円 ・Tシャツ3000円 ・DVD4100円)
・Leonオリジナルタオル 1000円
・オリジナルステッカー(WANTED’14) 500円
・コマンドボリショイCD「雨のち晴れ」1000円
・コマンドボリショイマスク 20000円~

☆通信販売ご利用のご案内☆
JWP各グッズ、チケット、DVDなどの通信販売のご利用の際に、銀行振込のご利用が可能となりました。
より便利になったJWP通販を是非ご利用ください。
お問合せ、ご注文は通販専用アドレスjwp_shop@yahoo.co.jpからどうぞ。

対戦カード

希月あおい選手参戦決定で、後楽園大会の全カード、試合順が決定しました。

◆4月2日(日)後楽園ホール大会 12時
《JWP 25th anniversary》

1、JWP認定ジュニア&POP選手権試合 30分1本勝負
〈王者〉藤ヶ崎矢子 vs 安納サオリ(Beginning)

2、JWP25周年記念OG×現役ミックスドバウト エキシビションマッチ 7分間
福岡晶(OG)&日向あずみ(OG)&宮崎有妃(フリー) vs 春山香代子(OG)&阿部幸江(OG)&米山香織(フリー)

3、JWP25周年記念スペシャルバトルロイヤル  時間無制限
参加選手:ジャガー横田(ディアナ)、青野敬子(ディアナ)、堀田祐美子(フリー)、KAORU(Marvelous)、さくらえみ(我闘雲舞)、
DASHチサコ(センダイガールズ)、万喜なつみ(Beginning)、木村花(Pro-Wrestling ACE)、真琴(REINA)、宮崎有妃(フリー)、
米山香織(フリー)、希月あおい(フリー)、福岡晶(OG)、日向あずみ(OG)、春山香代子(OG)、阿部幸江(OG)

4、The same blood battle スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
勝愛実 vs 尾崎魔弓(OZアカデミー)

5、JWP認定タッグ&デイリースポーツ認定女子タッグ選手権 30分1本勝負
〈王者組〉コマンド ボリショイ&Leon vs KAZUKI&ライディーン鋼〈挑戦者組〉

6、JWP認定無差別級選手権試合 30分1本勝負
〈王者〉中森華子 vs 倉垣翼(フリー)〈挑戦者〉

IMG_2368

1 / 212

チケット予約

チケット予約

チケット予約

DVD通販

DVD通販

DVD通販

twitter

Airbnb運用代行サービス東京

Airbnb運用代行サービス東京

保険の無料相談

保険の無料相談