メニュー

JWP通信

見どころ

4月16日(日)BASEMENT MONSTAR王子 13時
「ドリーム女子プロレス」~PURE-DREAMプレゼンツ~

▼POP選手権・ビジュアルハンター矢子の仁義なき戦い シングルマッチ 30分1本勝負
藤ヶ崎矢子 vs 門倉凛(マーベラス)

4・2後楽園大会で安納サオリを破りJWP認定ジュニア・最後の王者となった藤ヶ崎矢子。もう1本のベルトであるPOP(プリンセス・オブ・プロレスリング)はJWPを含む複数の団体で設立された王座であり、これからも団体の枠を超えて若手世代が争っていくことになる。今回の挑戦者は長与千種率いるマーベラスの門倉凛。昨年5月にデビューし、いまだ自力での白星がないもののタイトル挑戦というビッグチャンスをつかんだ門倉は「組むことが多い矢子選手と、まさかビジュアルハンターで対戦することになるとは思っていませんでした。正直、ビジュアルに関しては生まれ持ったものなのでしょうがないと思います。まだ一勝もしていない自分が、ベルトをどうこうと言うよりも藤ヶ崎矢子選手に興味があるので、思いっきり門倉凛を見せつけます」とコメント。王者・藤ヶ崎は「シングルは初めてです。すごく元気があるけど元気さでも負けたくない。私の中でいろいろ闘いたい相手がいるからここで負けるわけにいかないです。キャリアの差を見せつけます」と自信満々だ。

IMG_2564

▼2×2変則タッグマッチ
KAZUKI&ライディーン鋼 vs 弓李(アイスリボン)&藤田あかね(アイスリボン)
※通常のプロレスルールに加えタッグマッチでも試合権利は常に4人にあるルール

8・11後楽園での『PURE-J旗揚げ戦』までの4か月間は、実験的な試みを積極的に取り入れていく『ドリーム女子プロレス』としての活動となる。このタッグマッチは通常のプロレスルールでありながら、試合権利は常に4人にあるという特別ルール。コーナーでタッチする必要がなくなることで、合体技やフォールに入るタイミングなど試合展開が変わることになるはずだ。KAZUKIは「チーム力に加え個々のスタミナも必要だと思います。タッグの頂点を目指してる私たちが、このルールで勝っておもしろくしていくことで、またタッグベルト挑戦への道を開きたい。このルールがWANTED’14の真骨頂となるような試合にしていきたいです」。キャリアではWANTED’14に分があるが、試合運びの工夫や機転のきかせかた次第でアイスリボンの2人にも十分勝機はあるだろう。

IMG_2565

▼バイオレットドリーム シングルマッチ
勝愛実vs中野たむ

最近はタッグを組むことが定着していた勝愛実とアクトレスガールズ・中野たむ。ともに紫色をイメージカラーとするパワー系ファイターという共通点を持つ2人が、今大会ではシングルマッチで相まみえる。勝は「イメージカラーも使う技も何かと共通点が多い自分たちですが、このバイオレット対決にとてもワクワクしています。この日は新企画ということで、試合順を見に来てくださる皆さんに決めて頂くことになりました。その試合順が発表されるのは試合開始間際! 選手もハラハラドキドキ!! 新鮮な空間をお楽しみ頂ければと思います」と意気込み。果たして、この試合は何試合目にラインナップされるのか…?

IMG_2566

▼Flowery Women’sタッグマッチ
中森華子&万喜なつみ(Beginning)vs アレックス・リー(フリー)&希月あおい(フリー)

4・2後楽園で倉垣翼を破り、最後のJWP認定無差別級チャンピオンとなった中森華子は万喜なつみとタッグを結成。希月あおい&アレックス・リーとの異色対決は「花の咲き乱れた」、「花盛りの」というタイトルが付けられた。新たな出発点となる中森は「あのベルトにはたくさんのものを与えられたので、今の私でいられてると思っています。刺激的なタッグマッチ、全力で闘い、夢のような夢を見せます!!」とコメント。継続参戦中の万喜は「JWPさん最後の後楽園の時に、もうホントにみんなに愛されてる団体なんだなっていうのを感じました。ステキな団体です。中森さんにはいつも支えてくれて助けてもらってるので、すごい“いいお姉ちゃん”って感じ。クールでカッコイイので大好きです。今回の試合でも自分を出し尽くしたいと思います」と笑顔。明るく華やかな闘いが期待される。

IMG_2567

▼プロレスラウンドマッチ シングル3分3ラウンド
コマンドボリショイ vs Leon

デイリースポーツ認定女子タッグチャンピオンであるコマンドボリショイ&Leonのシングル対決は、3分ごとにインターバルを取るラウンド制を導入。3ラウンド内に決着がつかない場合は観客4名とレフェリーによるジャッジで勝敗が決められることになった。Leonは「ドリーム女子プロレスとして初の試合は。どんな試合になるか想像がつかない分ワクワクするし、ペース配分をしっかりして勝利します!」とコメント。ボリショイは「これまで試合で引き分けた時でも、結果は引き分けだけど内容で“負けたなぁ”とか“勝ってたのに”と思うことがありました。きっと見てる人の心の中にも勝者はいたと思うし、細かい技術点ではなく主観になると思います。引き分けに持ち込まず、決められた時間内に勝てるように。たとえ引き分けても“またボリショイの試合が見たい!”と思ってもらえるような心に響く試合をしたい」と話す。対戦相手の上を行くパフォーマンスが求められるのはもちろんのこと、会場のファンをいかに魅了するかが大きなポイントとなる。

IMG_2568

対戦カード

4月23日(日)

『第4回・亀アリーナ道場マッチ~ピュアドリームプレゼンツ』 13:00

1、世にも奇妙なシングルマッチ~春の特別編~ 時間無制限1本勝負
中森華子  vs  藤ヶ崎矢子
※最初の2分間は通常のプロレスルール。2分経過毎にルールが変わっていく(ルールは当日発表)

2、3WAYマッチ  15分1本勝負
Leon vs 勝愛実 vs ライディーン鋼
※指定の公認凶器使用可。敗者は道場マッチ後のイベント参加者にワンドリンクをごちそうする。

3、春のコスプレタッグマッチ  20分1本勝負
リー・ショイ(コマンドボリショイ)&JK鋼(ライディーン鋼)vs KAZUKI関(KAZUKI)&婦人警官矢子(藤ヶ崎矢子)

試合順を決める投票要項

本日(4/13)13時より4月16日ドリーム女子プロレス王子大会の試合順を決める投票を開始しました。

【投票要項】
TwitterのPURE-J女子プロレスアカウント(@purejpro)へのリプライ、またはハッシュタグ、 #ドリーム女子王子大会メイン で、あなたがメインで観たい試合1試合を下記の対戦カードリストA~Eからひとつ選び投票して下さい(アルファベットを明記)。
アカウントひとつに付き、1投票のみで複数投票は無効となります。
締め切りは大会前日(15日)午後7時。

大会当日会場にお越しの方おひとりにつき1試合投票して頂き、1 票2ポイントとし、Twitter投票の結果の合わせ試合順を決定します。
試合順は入場式にて発表。

Twitter投票はどなたでもご参加頂けます。是非、ご参加下さい。Twitterのご利用がない方は、 この機会に是非ご登録、@purejpro のフォローをお願い致します。

【対戦カードリスト】
4月16日(日)BASEMENT MONSTAR王子 13時

〔ドリーム女子プロレス〕
A:POP選手権・ビジュアルハンター矢子の仁義なき戦い シングルマッチ 30分1本勝負
藤ヶ崎矢子 vs 門倉凛(マーベラス)
※藤ヶ崎矢子が自分の事を可愛いと思っている女子レスラーを指名 して成敗していくシリーズ

IMG_2564

B:2×2変則タッグマッチ
KAZUKI&ライディーン鋼 vs 弓李(アイスリボン)&藤田あかね(アイスリボン)
※通常のプロレスルールに加えタッグマッチでも試合権利は常に4人にあるルール

IMG_2565

C:バイオレットドリーム シングルマッチ
勝愛実vs中野たむ

IMG_2566

D:Flowery Women’sタッグマッチ
中森華子&万喜なつみ(Beginning)vs アレックス・リー(フリー)&希月あおい(フリー)

IMG_2567

E:プロレスラウンドマッチ シングル3分3ラウンド
コマンドボリショイ vs Leon
※通常のプロレスルールに加え3分毎に1分間のインターバルを設 定
※ドローの場合、ランダムに選ばれた観客4名+レフリーの判定で勝敗が決まる

IMG_2568

 


チケット予約

チケット予約

チケット予約

DVD通販

DVD通販

DVD通販

twitter

Airbnb運用代行サービス東京

Airbnb運用代行サービス東京

保険の無料相談

保険の無料相談