メニュー

PURE-J通信

見どころ

5月5日(土・祝)板橋グリーンホール~真向勝負シリーズ2 17:30
[P-Ray-Lプロデュース]

1)シングルマッチ  20分1本勝負
KAZUKI vs マリ卍

3連戦2日目、『P-Ray-L』(コマンドボリショイ&Leon)のプロデュース大会は、KAZUKIとマリ卍のシングル対決からスタート。両者の対戦は2・10HERO・高島平大会でのエキシビションマッチ以来で、マリのデビュー後は初対決となる。「とにかくヒザの攻撃が効いたのを覚えていますが、数々のデビュー戦の相手を務めてきたというKAZUKIさんなので、存分に暴れて試合を楽しみたいと思います」と話すマリ。体格では引けをとらないが、得意の卍固めでKAZUKIを苦しめることはできるか?

5D45F68C-0528-4804-BE93-7F5334649A4D

2)スペシャルタッグマッチ 20分1本勝負
中森華子&真琴 vs 希月あおい&沙紀(Beginning)

中森華子&真琴の同期タッグ『真華不思議』がJのリングで久々に実現。4・15後楽園大会で無差別級王座を賭けて中森と激戦を繰り広げた希月あおいは、沙紀とのタッグで登場する。10・7自主興行をもっての引退を発表した希月は残り5ヶ月のカウントダウンに突入。一戦一戦がメモリアルマッチとなり、見逃せない闘いとなる。

30375F95-9693-4351-9777-7D2EE3EE1CD5

3)スペシャルシングル 30分1本勝負
ライディーン鋼 vs 中島安里紗(SEAdLINNNG)

かつてJWPのエースでありながら2016年を最後に退団し、SEAdLINNNG入りした中島安里紗が、唐突に亀アリーナを訪問。自身のプロデュース大会となる4・18新木場大会にコマンドボリショイの出場を要請した。一方的で身勝手な要求に即答を避けたボリショイは、4・15後楽園大会で今の自分の試合を見に来るようにと条件をつけ。約束通り来場した中島にボリショイは参戦を了承。しかしPURE-Jの若手選手たちは反発し、中島と乱闘を繰り広げた。新木場で久々に中島と肌を合わせたボリショイが今回のプロデュース興行への参戦を要求すると、ライディーン鋼が口火を切って「PURE-Jに上がる覚悟があるんだったらよ、このライディーン鋼が1番にオマエを指名してやるよ!」と対戦を迫り、中島は「いつでも誰でもやってやるよ! いつでも覚悟はできてんだよ」と応戦。さらに強くなるためにJWPを飛び立った中島と、JWPからさらなる前進を求めて旗揚げしたPURE-J。絶対に負けられない闘いに、鋼がその底力を見せる時が来た!

8F1000A1-9808-4A09-A282-0166D5D39C30

4)デイリースポーツ認定女子タッグ選手権  30分1本勝負
コマンドボリショイ&Leon vs 勝愛実&藤ヶ崎矢子

メインイベントは1年以上に渡る長期政権を築く『P-Ray-L』の持つタッグ王座に、今や伸び盛りの勝愛実&藤ヶ崎矢子が挑戦する。この試合に勝てばV10となるLeonは「若い2人の勢い、想い、すべて受け止めた上できっちり防衛します」と必勝宣言。勝は「もう正直P-Ray-Lのベルト姿はお腹がいっぱいなので、新たな景色を矢子と共に皆様にお見せしたいと思います」と意気込みを語る。盤石、そして鉄壁の王者チームを相手に若さと勢いを最大の武器とする勝と藤ヶ崎。純血だからこその濃度の高い攻防が会場を大いに熱くさせるはずだ。

D01244A2-C397-4945-AAC0-F04FE388D48E

PURE-J

テーマ:

見どころ

5月4日(金・祝)板橋グリーンホール~真向勝負シリーズ1 17:30
[残酷な膝小僧プロデュース]

1)シングルマッチ 20分1本勝負
Leon VS マリ卍

毎年恒例のゴールデンウイーク・板橋3連戦がスタート。初日は中森華子とKAZUKIによるプロデュース大会となる。デビュー4戦目のマリ卍は「Leonさんとはこの間の道場マッチでシングルしたばかりですが、デビューから3試合してきて1番出し切れなかったと感じる試合だったので、リベンジできて嬉しいです。連戦初日なので、ここで出し切っていいスタートを切りたいです」と意気込み。Leonは「早くも2度目のシングルが組まれました。前回以上に、なりふり構わず思い切りぶつかってきてほしいです!」と受けて立つ構えだ。

1D76893A-1591-412A-86CC-A6B98442CD94

2)故・渡辺えりかさん追悼・特別試合 10分1本勝負
コマンド ボリショイ VS 米山香織

1998年から2006年までJWP女子プロレスに在籍し、2013年より胃がんと闘い続けてきた渡辺えりかさんが4月20日に39歳という若さで逝去。追悼試合としてコマンドボリショイと米山香織が久々の一騎打ちを行なうことになった。JWPが1番苦しかった時に在籍したメンバーも日向あずみと春山香代子が引退し、残るはこの両者のみ。あの頃の忘れない想い、変わらないイズムをリング上でぶつけ合う。

47049FCA-C28F-43A1-A494-3EF1D3BD02F9

3)young generation war タッグマッチ 30分1本勝負
勝愛実&沙紀(Beginning) vs ライディーン鋼&藤ヶ崎矢子

PURE-Jの3選手にアクトレスガールズの沙紀が加わったタッグ対決。勝愛実は「沙紀選手とのタッグはPURE-Jでは2回目なので、連携もどんどん決めていきたいと思います。やはり未来は私たちであり、そうでないといけません。初日からバチバチと熱くPURE-Jの未来に相応しいファイトにしてみせます」と燃えに燃えている。ライディーン鋼と藤ヶ崎矢子にとっても、存在感をアピールするのにもってこいのカードと言えるだろう。勢いと激しさのぶつかり合う闘いを制するのはどちらか?

0A149C2B-556C-49CC-AE0F-4EE67B6D8F1C

4)PURE-J認定無差別級選手権 30分1本勝負
<王者>中森華子 vs KAZUKI<挑戦者>

4・15後楽園ホール大会で希月あおいを破り初防衛を果たした中森華子は、次期挑戦者としてKAZUKIを指名した。「PURE-J同士の闘いでPURE-Jらしさというのを見せたいと思ってるので。JWPから7~8年一緒にやってますけど、KAZUKIさんがシングルのベルトを巻いたところは見たことないし、挑戦したところも見たことないので。また新たなKAZUKIさんが見れるんじゃないかと思っています」と話す中森。一方、その実力は誰もが認めるところでありながら特にシングル戦での実績に乏しいKAZUKIは、「42歳のチャンピオン姿! ぜひ見に来てください!」と、久々のビッグチャンスに意欲を燃やしている。

 

image

PURE-J

テーマ:

オープニングアクト

▼5月4日(金・祝)17時半
◇ハッピーロード大山商店街の公認アイドル「Cutie Paiまゆちゃん」ミニライブ
【Cutie Paiまゆちゃん】 Cutie Paiは赤いめがねの「まゆちゃん」によるソロユニット。
まゆちゃんが楽曲すべての作詞・作曲を手がけており、活動形態・ビジュアルを含め他の追随を許さない唯一無二の存在、
アイドルの­枠を超えた超絶めがねっ娘IDOL!お歌の魔法で愛とHAPPYをお届けしています♪
社団法人福井県眼鏡協会の「めがね大使」、森永製菓のキャラクターぬ~ぼ~の「ぬ~ぼ~大使」、
東京都板橋区・ハッピーロード大山商店街の公認アイドルを務める。
オフィシャルサイト:http://www.cutiepai.net/
▼5月5日(土・祝)17時半
◇ダンスパフォーマンス
・HARUMI
2017.4.16ドリーム女子プロレス王子大会でオープニングアクトを務めてくれたHARUMIさんは、
現在インストラクターやプレーヤーとして活動中。
「リングでソロで踊らせていただくのは初めての経験ですが、1人でも迫力のあるダンスパフォーマンスでオープニングを飾らせて頂きます!!」

・KIDSチーム(はる&こはね)
BONNY DANCE SCHOOL ENTERTAINMENTが板橋の小豆沢にも店舗を出し、初めてショーをします!
「緊張していますが楽しく踊れるように頑張りますので応援して下さい!」

▼5月6日(日) 13時
◇オペラ出身のロックシンガー道太郎さんミニライブ
「最終日にふさわしく最高の時間を醸し出すぜ!!」

PURE-J

テーマ:

チケット予約

チケット予約

チケット予約

ローソンチケット

ローソンチケット

hanaside01

hanaside01

DVD通販

DVD通販

DVD通販

twitter