メニュー

JWP通信

【イベント】2015/8/16(日17:00- 8.16後楽園大会打ち上げ

8.16後楽園大会打ち上げ

日時:8月16日(日) 17時~23時
料金:3500円 ※1ドリンク
参予定選手:JWP選手が随時駆けつけます。
内容:歓談、写真撮影フリー

場所:赤坂ふらっとんカンティーナ
〒107-0052東京都港区赤坂2-13-17シントミ赤坂第2ビル3F
TEL/FAX:03-3586-7476
http://akasaka.flatton.com
問合せ:JWP女子プロレス 03-5849-2341

PURE-J

テーマ:

記者会見

11日(火)16時より赤坂・ふらっとんカンティーナにてJWPが記者会見を開き、8・16後楽園ホール大会に出場する各選手がコメント。メインイベントの無差別級選手権試合・コマンドボリショイvs尾崎魔弓の調印式も行なわれた。

『JWP-PURE PLUM 2015』
◆8月16日(日)東京・後楽園ホール(12:00)

▼20分1本勝負
KAZUKI&瑛凛vs希月あおい&松本都DSC00498

希月「今回このカードは、この前の道場マッチ(8日)で瑛凛ちゃんがカードに組まれて、座談会で私と“今度対戦しよう”ってなって組まれたカードなんですけれども…それより! なんで都なんですか、私のパートナーが! アイスリボンなのに! なんで都なの!?(苦笑)JWPのあおいのパートナーっていったら(春山)香代子っていうステキな存在がいるじゃないですか。香代子2試合させましょうよ!」
KAZUKI「いやいやいや、都じゃ不満なの?」
希月「不満いっぱいですよ。不満しかないですよ! 当たり前じゃないですか!」
KAZUKI「アイスリボンvsJWPの試合を後楽園ホールでやるのに、今からそんな不満とかで大丈夫?」
希月「違いますよ。都は『崖のふち』ですよ。アイスリボンじゃないんです! アイスリボンぶってるだけなんです、ヤツは!」
KAZUKI「調子いいもんね。調子いいといえばね、3年前にアイリボンとJWPが合同でやった夏女決定トーナメント。松本都と組んで参戦したんだけどね、そのときに松本都がツイッターとかで“KAZUKIを崖のふちに入れる”とか調子のいいことを書いてたの。そのわりには1回も崖のふちプロレス呼ばれたことない。だからね、今回は松本都を指名させてもらって後楽園という大舞台でギャフンと言わせてやる。3年前からの恨みをね…」
希月「3年間の溜めて溜めて、溜めにためてこの日を選んで…ということですね? わかりました(笑)」
KAZUKI「瑛凛は明日(12日)アイスリボンで前哨戦的なカードが組まれてるので、明日も勝ってWANTED2連勝で」
瑛凛「先日のアイスリボンの道場マッチで希月さんに負けてしまいまして、すっごいすっごいすっごい悔しい思いをしたんですよ!」
希月「そんな悔しいのか。なんか、そういうとこ似てますねKAZUKIさんに(笑)」
瑛凛「今度はJWPのリングで自分が必ず勝つので覚悟しといてください」
希月「もう覚悟は出来てます! それより私は都が不満だ! これはどうなるかわからない闘いだな」
瑛凛「明日、都さんと前哨戦的な感じのをするんですけど、あんなふざけたヤツに絶対負けないので。(KAZUKIに)2連勝でいきましょう! 絶対勝ってやるからな!」
希月「それより私は都が不満だ! これはアレだな。タッグマッチっていうよりはWANTEDvs希月あおいvs松本都みたいな…そんな感じが私はする(笑)。しませんか? “する”って言ってください」
KAZUKI「ということで、明るくパーっといきましょう!」

━━希月との対戦は先日の道場マッチが初めて?
瑛凛「初めてです。もうリングに上がった途端にもう気迫負けをしてしまいそうなぐらいすごかったので、Jのリングでは逆に自分が気迫負けさせてやりたいなって思います!」
━━瑛凛の印象は?
希月「ビジュアル担当なだけあって、すごい可愛いなと思いました!」
━━これまでのKAZUKIと希月の対戦は?
希月「こないだJWPさんに上がったときにありました。板橋で」
KAZUKI「あなたの大好きな香代子と組みました」
希月「それが何年かぶりなので。16日は都とも闘うので頑張ります!」

▼ボラドーラスL×R対決・20分1本勝負
LeonvsRayDSC00511

Leon「Rayとタッグを組んでベルトを持ってたんですけど取られてしまい、自分たちの再出発の試合だと思います。もちろん十文字姉妹から取り返すことも狙ってますし、2人でより高く羽ばたいていくためにも思い切り闘い合って、絆を深めたいと思います。今回のシングルは7度目なんですけれども、私たちにしか出来ない華麗かつ力強い試合をしてお客さんを魅了したいと思います」

━━これまでの戦績は?
Leon「自分の6勝です」
━━最近のRayについて。
Leon「肉体改造もして力強さを増してますし、キレも増してすごい頼もしいパートナーです。今回は闘うということですごく楽しみです。肉体的にも精神的にも変わってると思うので」

Ray(不在のため文書にて)「Leonさんは私にとって対戦しても特別な相手です。これからお互いが成長していくため、このシングルマッチは大事な一戦だと踏まえています。試合が終わったあとに自然と涙が出てくるような…そんな試合ができたら最高です」

▼The Best Season Battle・30分1本勝負
中島安里紗&藤本つかさvs中森華子&紫雷美央DSC00574

中森「(不在の美央がノーコメントと聞いて)美央がノーコメントということで私はショックなんですけども、でも許します。美央は美しいから。このカードの名前が『ザ・ベストシーズン・バトル』ということで、この4人だったら最高の季節に最高の闘いが出来るなって私は思ってたんですけれども、今日ここに来るまでやっぱり違和感がぬぐえないことがあって…それが『ベストフレンズ』(※中島&藤本のタッグ名)っていう名前です。私は友情とか友情とか、友情だとか…そういうのを何の違和感もなしに言える人を見るとホントに虫酸が走るんです。だとしても中森華子がこのカードにいるってだけで『華子』だけに華やかなのは間違いないので、後楽園大会は華やかに…華麗に舞いたいと思います」

藤本「いま“紫雷美央からコメントがない”って言われてたんですけど、さっき私彼女に電話して無理やり出させました。彼女が言ってたのは“即席友達”よりも実は中森華子さんと紫雷美央はブラックダリアとかで昔組んでたり、意外と長い関係だからベストフレンズ、油断すんなよ?…みたいなことを言ってました(笑)。まぁ虫酸が走るというふうに言われていて…正直、私にとってはどうでもよくて、ベストフレンズを女子プロレス界の代表的なタッグにするための踏み台にさせて頂きます! 以上です」

中島「JWPではベストフレンズお披露目となるので、JWPファンの中には自分が藤本つかさとタッグを組むことを良く思ってない人がけっこう多いんですけど…(苦笑)。そのへんを払拭していくというか“このタッグ、トップに行けんじゃないのかな?”っていう可能性を見せていきたいなっていうふうに思っているのと…。あとは個人のことなんですけれども、今JWPのリングよりも外のリングがすごい盛り上がっていて、自分の対戦もそうですけど。アイスリボンの藤本つかさっていうのを“使って”じゃないですけど、もう1度自分の気持ちをJWPのリングに戻すっていうことも出来ていくんじゃないかなと。さらにその先に女子プロレス界でトップを取っていくタッグになっていきたいというふうに思っているので。美央との対戦もJのリングではたぶん最初にして最後になると思うので、ぜひ皆さん楽しみにして頂きたいなと思います」

藤本「私も美央と8月30のアイス後楽園で最後になるんです。ホントはアイスでもベストフレンズやりたかったんですけど、先にもうシングルが決まってるから残念だなと思ったんだけど、でもやっぱり相方に出てほしいなと思って。8月30のアイス、出て?」
中島「ぜひ!」
藤本「ありがとうございます!」
中島「カードは?」
藤本「まだちょっと決まってないので…考えます。ありがとうございます」

━━『旬な闘い』というタイトルだが、この4人が旬であるという共通認識はある?
中島「どうなんですかね? 旬っていろいろあると思うんですけど…正直に言わせてもらえば“X”になってた部分に中森華子が入ったっていうのは、私の中では“足りてますか?”って思う部分もあります。紫雷美央、藤本つかさ、中島安里紗…女子プロレス界のトップを走っているつもりでいますし、団体をそれぞれ背負うモノがあって闘っている。話題も結果も出してきていると、自分で自信を持って言えます。中森華子はここの枠に入るのに足りているか? っていう部分では、今回それを本人はそれをリングの上で見せたらいいんじゃないかなと思います」
中森「まず“X”って発表だったんじゃなくて“未定”っていう発表だったんですね」
中島「(小声で)どっちでもいい…」
中森「どっちでもいいんじゃないんだよ。重要だろ、そこは。今、本当に絶好調で誰が何と言おうと…トップだとか結果だとか、そういうのはわからないですけれども、この最高の季節に旬である4人が闘う。私はこのタッグマッチの試合の名前は間違いじゃないと思ってます」
中島「じゃあ、その“絶好調”は誰に届いてますか? 誰と誰と誰に届いてますか?」
中森「中島安里紗には届いてないのかわかんないんですけれども…生暖かいエナジーがドクドクと吹き出すような感覚。私は正直、今まで感じることがなくって、初めて欠場して復帰して(※今年2月~6月)この約2ヶ月の間にそういうふうに思ったんですけれども。プロレス以外でも私はこの前、自販機でお茶買ったら当たったし。佐野史郎さんと2ショット撮ったし、ロト6だって当たったし、何をとっても私は絶好調で。まぁ届かないって言うんだったら後楽園大会で届けさせたいと思います」

━━引退する美央について。
中森「美央はホントに知らなかったかもしれないけど深い関係にあって。本当に血が通ってるのかわからないぐらい美しいし、華奢(きゃしゃ)で口が達者で、でもそれに拍車をかけるように勇者だと私は思っているので。後楽園大会で私たちが勝者となって、ベストフレンズを敗者にしたいと思います」

━━今後のベストフレンズについて。
藤本「もちろんベルトは視野に入れています。そのための今回であると思ってますね。16日から私たちコスチュームをそろえて参戦します。それくらい気合いも入ってますし、継続していくつもりで挑みます」
中島「そうですね。一緒なんですけどベルトはもちろん狙っていきたいですし、JWPのベルト、アイスリボンのベルトっていうのもあるし、さらにほかの団体のタッグのベルトっていうのも2人だから視野に入ってくると思うので。そのへんも楽しみにして頂けたらいいなと思います」

▼PURE-PLUMスペシャル6人タッグマッチ・30分1本勝負
春山香代子&ラビット美兎&ライディーン鋼vs ダイナマイト・関西&倉垣翼&米山香織DSC00608

米山(不在のため文書にて)「ぼんじゅーる! まどもわぜる! お久しぶりです、米山香織です。今はフリーでUMZというゴキゲンな集団で活動しています。JWPのリングに上がるのは退団してから初。2年半ぶりです。退団したときはもうJWPのリングに上がることも、所属選手と対戦することもないと思ってました。今回初めてオファーを頂き、年末に引退が決まっている春山さんと対戦できることが本当に嬉しいし、ありがたいです。ですが、退団してからの2年半が何事もなかったのかのように、しれーっとJWPのリングに上がるのはとても複雑。心がざわざわ…しかーし! 私の願いは春山さんがゴキゲンな引退ロードを歩むこと。そして引退試合を終えたときに笑顔でリングを降りること! 8月16日後楽園ホールでは、春山さんと久々の、そして最後になるかもしれない闘いをバリバリ楽しみたいと思います!!」

倉垣(不在のため文書にて)「春山の引退ロードに招いてもらいありがとうございます。今回組んでいる関西選手・米山は闘っていても組んでいても呼吸が同じなので、すごくJWPの血筋を感じるトリオです。また、久しぶりにラビット・鋼と対戦することになるので、どれだけ成長しているのか楽しみです。そして何より春山との対戦も最後かもしれないので、引退しても忘れられないぐらいの倉垣翼、最高のパワーでいきます。春山、覚悟して待ってろ!」

関西(不在のため文書にて)「プラムの命日にJWPからオファーを受けて大変嬉しく思っています。今は自分たちがいた頃とはまったく違うのだと思います。が、この試合だけはあの頃にタイムスリップするような…そんな試合になったらと思います。楽しみにしています」

鋼「自分は対戦カードを聞いてチャンスだと思いました。今JWPを支えているのは自分たちです。だからこそ自分がこの3人から勝利をもぎ取っていきたいと思います」

美兎「この6人タッグマッチは現JWPvs元JWPの闘いになります。JWPがどれだけ成長してきたか、見せつけるいい機会だと思っているので、JWPを辞めていった人たちには負けません! 今のJWPを見せつけ必ず勝利します」

春山「このカードになったきっかけはやっぱり私の引退ロードからなんですけど、引退するにあたって“1番誰とやりたいか?”と思ったときに元JWPの先輩方、倉垣、米山と当たりたい。組みたいっていう思いがあったので、今回は元JWPvs現JWPにさせて頂きました。ラビット、鋼に関しては私は自信を持って見せつけられる下の子だと思っているので、思う存分、暴れてください。気持ちで絶対負けないでください。そういうところを見てほしいですね、皆さんには。米山、倉垣にはいろんな思いがあるんですけど、試合を見て頂ければわかると思うので、皆さんぜひ会場に来てください!」

━━相手の3人の中で特に意識する選手は?
美兎「米山さんですね。付き人につかせてもらってて、すごい教わることもたくさんあったんですけど、突然JWPを去っていって…なんか裏切られたっていうか、そんな気持ちなので。私は米山さんを意識して、当日向かっていきます。JWPを辞めていったことを後悔させてやります」
鋼「自分は新人のときから倉垣さんに憧れていて、意識するのは倉垣さんです。倉垣さんが持ってるムーンサルト、リフトアップとかを自分が逆に見せつけて自分が勝利したいと思います」
━━倉垣を持ち上げる?
鋼「はい。持ち上げます。持ち上げてみせます!」
━━美兎と鋼は関西とは初対決?
美兎「そうですね。すごい体格の大きい方なので、関西さんに持っていないモノは自分が持ってるので、全力で向かっていきたいと思ってます」
鋼「自分も初めてですね。でも大きさ的には自分が勝ってると思うので、その大きさを生かして勝ちたいと思います」
━━関西について。
春山「すごい尊敬できるすばらしい先輩だと思います。試合で当たらせて頂いたり組ませて頂いたときも、セコンドに付かせて頂いたときも1つ1つの動きが勉強になるし、すごく自分の心に来るものを感じてたので。引退するにあたって組んだり当たったりしたいなって。それをぜひJWPの下の子たちにも見て感じて、自分のものにしてほしいと思ったので。試合をやるのも楽しみですし、終わったあとにみんながどう捉えたかも楽しみです」
━━対戦相手としての倉垣は?
春山「最高に最強の相手だと思います。私のタッグパートナーなんですけど。私と翼だったら間違いなくお客さんを満足させる闘いが出来ると思います」

▼JWP認定無差別級選手権試合・30分1本勝負
(王者)コマンドボリショイvs尾崎魔弓(挑戦者)DSC00655

尾崎「何回も言いましたけど、私はJWP所属のときにJWPのシングルを巻いたときがないので、今回ちょっと気合いが入ってます。プラムの命日で、次の日は私の29周年のデビュー記念日です。28年最後の日にベルトを獲りたいと思います」

ボリショイ「この無差別のベルトは、女子プロレス界で現存するベルトの中で最も歴史の長いベルトになります。このベルトをキャリアが20年を超えるベテランの私と尾崎選手の間で争われるということが、すごく稀なことだと思っているので。この闘いで、決してベテランという言葉にあぐらをかいてきたわけではなく、OZアカデミーで最前線で闘ってきた尾崎魔弓、そして進化を重ねて15年ぶりに無差別王座に返り咲いたコマンドボリショイの今の闘い。現在進行形の今の闘いをプラム麻里子さんに捧げたいと思います。そして必ず防衛します」

(両者が調印所にサイン、続いて質疑応答へ)

━━無差別級王座について。
尾崎「私がJWPに在籍してたときは、もうダイナマイト関西がすごい強かったんで。もうトーナメントあろうが、普通にシングル挑戦しようがまったく敵わず…いつも負けて、いつも悔しい思いをしてたんで(苦笑)。シングのベルトはもう“私には獲れない”とずっとあきらめてたんで、それが今回こんなおいしい話が来るなんて夢にも思わなかったんで。ベルトが私のところに来たがってんだなと思って…ボリショイには悪いけど、このベルト持って帰ります」

━━セコンドは帯同する?
尾崎「まだ、まったく何も決めてません。気になる人は見に来い!と…(笑)」
━━1対1で闘いたい?
ボリショイ「やっぱりシングルのベルトなので1対1で闘いたいという気持ちはありますが…私はチャンピオンなので、尾崎選手がどんなスタイルでこようがしっかり対応したいと思ってます。ポリスを連れてこようが西尾を連れてこようが、その用意はこっちもちゃんとしてるつもりです」
━━相手に尾崎を選んだ理由は?
ボリショイ「OZアカデミーで常に中心で闘い続ける尾崎魔弓…JWPの先輩時代から頭のどこかで離れることはなかったです。JWPを辞めてからもずっと最前線で居続けられるそのパワー…私も負けたくないと思って。少なからず離れていても励みになっていた部分はあると思うし、こうしてキャリアを重ねてまだまだメインイベントで、シングルマッチでベルトを争えるっていうところ。実際に試合を見て頂ければそのクオリティーは皆さんに届くと思うんですけれども、まずこの試合を生で見てほしいです。プラムさんへのメモリアルマッチとして、8月16日に亡くなられたプラムさん。その最後の対戦相手である尾崎さん、最後のパートナーである私。必ず会場にプラムさんはいらっしゃると思います。プラムさんが1番喜ぶのは尾崎さんが過去の試合をするのではなくて、未来につながる今の試合を見せることだと思ってます」

PURE-J

テーマ:

【イベント】2015/8/11(火)18:00- 春山引退興行チケット先行即売会

春山香代子引退興行チケット先行即売会
日時:8月11日(火)18:00~
場所:赤坂ふらっとんcantina(東京都港区赤坂2-13-17シントミ赤坂第2ビル3F)
電話:03-3586-7476
WEB: http://akasaka.flatton.com/
内容:12月27日(日)JWP後楽園ホールにて行われる「春山香代子引退興行」のチケット先行販売会。
チケットの他、グッズの販売も行う。
参加選手:春山香代子、コマンドボリショイ

PURE-J

テーマ:

チケット予約

チケット予約

チケット予約

ローソンチケット

ローソンチケット

hanaside01

hanaside01

DVD通販

DVD通販

DVD通販

twitter

Airbnb運用代行サービス東京

Airbnb運用代行サービス東京

保険の無料相談

保険の無料相談