メニュー

JWP通信

日時・場所・料金

2017年3月26日(日)両国・KFCホール
開場16:30  試合開始17:00
会場:両国・KFCホール(東京都墨田区横網1丁目6-1)
料金:特別RS席6000円、RS席5000円、指定席4000円
※FC500円引き、当日500円増し18歳以下指定席のみ半額
交通:都営地下鉄大江戸線「両国駅」A1出入口に直結
販売所:チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、後楽園ホール5階事務所、水道橋チャンピオン、JWP女子プロレス
発売日:先行発売1月29日(日)両国・KFCホール大会 17:00~
一般発売1月30日(月)

問合せ:JWP女子プロレス 03‐5849‐2341

直前情報

image

2017年1月29日(日)両国・KFCホール
開場16:30  試合開始17:00
会場:両国・KFCホール(東京都墨田区横網1丁目6-1)
料金:特別RS席6000円、RS席5000円、指定席4000円
※FC500円引き、当日500円増し18歳以下指定席のみ半額
交通:都営地下鉄大江戸線「両国駅」A1出入口に直結

・受付にてオンラインクーポン提示で当日券500円引き
(JWPfacebookページ、各選手のブログ、JWPツイッターをご覧ください。)
・オンラインチケット予約の締め切りは大会前日22時まで。
PC、モバイル共通 http://www.jwp-produce.com/

◆ご来場者先着100名様に両国大会限定わくわく写真をプレゼントします。

※わくわくタイムあり

【売店情報】
・両国大会限定!!どすこい手形入りサイン色紙 各選手1枚限定 1000円
・パンフレット 1000円
・2017年JWP卓上カレンダー 2000円
・各大会DVD 2000円
・選手ポートレート各1000円(新作中森、Leon)
・JWPロゴTシャツ(半袖、長袖)、各選手オリジナルTシャツ 3000円~
・JWPトートバッグ 2000円
・JWPロゴキーホルダー 500円~
・ツーショットポラロイド撮影 1000円
・写真くじ(生写真2枚入り)500円
・ジャージ上下 15000円(受注発注受付中)
・中森華子グッズ(・写真集ZE N RYO KU ・Tシャツ3500円 ・フェイスタオル1000円)
・Leonオリジナルタオル 1000円
・オリジナルステッカー(WANTED’14) 500円
・コマンドボリショイCD「雨のち晴れ」 1000円

☆通信販売ご利用のご案内☆
JWP各グッズ、チケット、DVDなどの通信販売のご利用の際に、銀行振込のご利用が可能となりました。
より便利になったJWP通販を是非ご利用ください。

【チケット情報】
2017年3月26日(日)両国・KFCホール
開場16:30  試合開始17:00
会場:両国・KFCホール(東京都墨田区横網1丁目6-1)
料金:特別RS席6000円、RS席5000円、指定席4000円
※FC500円引き、当日500円増し18歳以下指定席のみ半額
交通:都営地下鉄大江戸線「両国駅」A1出入口に直結
販売所:チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、後楽園ホール5階事務所、水道橋チャンピオン、JWP女子プロレス
発売日:先行発売1月29日(日)両国・KFCホール大会 17:00~
一般発売1月30日(月)

問合せ:JWP女子プロレス 03‐5849‐2341
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
詳しい情報は、JWP女子プロレス公式HPをご覧ください。
HP:http://jwp-produce.com/
チケットメール予約:http://jwp-produce.com/ticket-reservation/
通販注文&お問い合わせ:jwp_shop@yahoo .co .jp
〒121-0052
東京都足立区六木3-6-4JWP女子プロレス
電話03-5849-2341(火曜~土曜・11時~18時)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆

JWP女子プロレス

テーマ:

見どころ

1月29日(日)両国・KFCホール 17時
『FLY high in the 2image5th anniversary』の見どころです。※オフィシャル記者寄稿

1、ビジュアルハンター矢子の仁義なき戦い 20分1本勝負
藤ヶ崎矢子 vs Sareee(ディアナ)

今年に入って2度に渡ってタッグマッチで対戦している藤ヶ崎矢子とSareeeがシングル対決。1・20板橋大会でSareeeに対戦要求した藤ヶ崎は「Sareeeさん自分のこと可愛いと思ってますよね、どう考えても」とビジュアルハントの標的であることを宣告。Sareeeは「あなたよりは可愛いと思ってるよ」と返して会場の爆笑を誘った。悲願のジュニア王座奪取でさらなる自信を身につけた藤ヶ崎が、Sareeeからの初勝利を狙う。

2、柔道着着用ジャケットマッチ タッグマッチ 20分1本勝負
KAZUKI&ライディーン鋼 vs 藪下めぐみ(FIGHT CHIX)&柊くるみ(アイスリボン)

昨年9月に両国KFCホールで行なわれたものの、試合序盤に藪下めぐみが肩を脱臼。柊くるみの孤軍奮闘も実らず無効試合となったカードが、同じ会場で仕切り直しとなった。柔道経験者4人が胴着を着用しての闘いは、普段の試合ではあまり見られない投げ技や固め技なども繰り出されるなど、一風変わった試合展開が見どころとなる。4人の中で唯一白帯だと発覚したKAZUKIは、エキスパートの藪下に太刀打ちできるか?

3、シングルマッチ 30分1本勝負
コマンドボリショイ vs 花月(フリー)

2・5ラゾーナ川崎でタッグ王座を懸けて激突するコマンドボリショイと花月がシングルマッチで前哨戦。花月は「久しぶりのボリショイさんとのシングル! 楽しみで仕方ない。と同時にそろそろ勝って結果を出さないといけないという気持ちの焦りもある。前回対戦した時よりもはるかに多くの経験や実績も積んできたと思ってますので、今の力を存分に“小さな巨人”にぶつけます」とコメント。両者ともにスピードとテクニックには特に長けており、ハイレベルな攻防で堪能させてくれるだろう。

4、タッグマッチ 30分1本勝負
勝愛実&星ハム子(アイスリボン) vs 豊田真奈美(フリー)&つくし(アイスリボン)

越境タッグ2チームによる珍しいカードがラインナップされた。勝愛実&星ハム子は引退前の勝がアイスリボンに参戦する際などに『ハムカツ』の名で好評を博していたチーム。豊田真奈美&つくしは通称『親子タッグ』と呼ばれ、つくしは豊田を「ママ」と呼び、豊田はつくしを隠し子と認める(?)ほどの関係で組む機会も多く、連係攻撃も豊富なバリエーションを持つ。勝と豊田の対戦は昨年6月のOZアカデミー新宿大会以来で、その時はまだ再デビューの直後だった。現在の元気の良さと勢いをぶつけるのに、この上ない対戦相手となるはずだ。

5、JWP認定無差別級選手権 30分1本勝負
〈王者〉中森華子 vs Leon〈挑戦者〉

昨年末にJWP無差別級王座を奪取し、3冠王として2017年を迎えた中森華子。しかし開幕戦の1・9川崎大会でボリショイ&Leon組にタッグ王座を明け渡してしまうと、今大会ではLeonから無差別王座への挑戦を受けることになった。「JWPの今をかけた戦い。“これぞJWP”という熱い試合をし、その上で防衛したいと思います。華子の花を狂い咲かせてやります!」と必勝を誓う中森。一方、2年半ぶりの無差別挑戦となるLeonは「やっとつかんだこのチャンス、今度こそ絶対ムダにはしません。最高峰の戦いをした上で、必ずベルトを腰に巻きます! 私がJWPの新時代を築いて行きます!」とコメント。この試合に勝利すれば一気に3冠王となり、JWPの主役の座に躍り出る。久しくトップ戦線から遠のいていた眠れる獅子が、いよいよ牙をむく時が来た。

JWP女子プロレス

テーマ:
1 / 1012345...10...最後 »

チケット予約

チケット予約

チケット予約

DVD通販

DVD通販

DVD通販

twitter

Airbnb運用代行サービス東京

Airbnb運用代行サービス東京

保険の無料相談

保険の無料相談