メニュー

JWP通信

記者会見


無差別級の初代王者を争う4人が意気込み/PURE−J会見

6日(金)18時よりPURE−J道場・亀アリーナにて記者会見が開かれ、9日の両国KFCホール大会でPURE−J無差別級初代王者を争う決勝トーナメントに出場する中森華子、勝愛実、希月あおい、アレックス・リーが意気込みを語った。

▼初代PURE−J認定無差別級王座 決勝トーナメント準決勝・時間無制限1本勝負
[Excitingブロック代表]勝愛実 vs 希月あおい[Utilityブロック代表]

希月「今回、このリーグ戦から始まるトーナメントに参加させて頂いて、非常に自分の中でも身になりましたし、何よりもPURE−Jさんの前身であったJWPでずっとトップ張ってたボリショイさんから勝ったこととか、すごい自信になっているので。このトーナメントのメンバーを見て、自分がベルトを巻いて当然だなとホントに思ってます。ドリーム女子とかでもけっこう“自分が自分が!”って前に出させてもらったので、その自信が結果につながればいいかなって思ってます。PURE−Jさんのベルトなんですけれども、自分いまフリーなんですけど団体関係なく、自分も狙っていきたいベルトなので。このベルトを獲ったら一から歴史を作っていきたいなって思ってます」

IMG_3043

勝「自分は希月選手と対戦させて頂くんですけれども、希月選手とは過去にシングルで対戦していまして敗れています。ですが、時は経っていますし希月選手も変わってると思うんですけども、私も希月選手以上に進歩しているというか、変化していると確信しているので。そういった部分をリングで証明したいと思ってます。私が勝ち上がって初代のPURE−J認定無差別級のチャンピオンになりたいと思います。チャンピオンになったあかつきには毎大会、防衛戦をやりたいと思っています」

IMG_3044

━━勝についての印象は?
希月「非常に気が強くて…気が荒いという印象があるんですけれども(笑)。彼女がいま言ってたように以前シングルでやった時から時間は経ってますけれども“お互い変化してる”と言ってる以上は、この闘いが楽しみな1つでは自分の中ではありますね」
━━ドリーム女子から継続参戦しているが、改めてPURE−Jについて。
希月「え〜…地味だなっていうのが自分の中にはあります。自分が参戦してないと気のPURE−Jさんを私は知らないんですけれども、自分の持ち前の明るさでもっと楽しく明るくハッピーにできたらなっていうのはありますね。自分色に染めたいっていうのもありますし」

IMG_3045

▼同トーナメント準決勝・時間無制限1本勝負
[Risesブロック代表]中森華子 vs アレックス・リー[Powerブロック代表]

中森「JWP無差別級王者・最後のチャンピオンが最強だということを、この新しくできるPURE−Jのベルトを巻くことによって証明したいと思っています。止まった時計の針を動かすのはほかの誰でもなく私しかいないので。このトーナメント、必ず闘い抜きたいと思ってます。PURE−Jという団体を象徴するベルトになっていくので、私がこのベルトをともに歴史を築いていきたいっていうのと、中森華子の理想郷をこの手で作り上げていきたいと思っています」

IMG_3046

アレックス「PURE−J無差別級王座の初代王者を決めるトーナメントに出場できて、私はとても幸せです。本当に大きなチャンスなのでベストを尽くします。とっても楽しみです。頑張ります!」

IMG_3047

━━アレックスは倉垣、米山、Leonなどキャリアのある選手からも勝利をあげているが警戒する部分などは?
中森「今年に入ってからアレックスと対戦することが多くなって、特にこの前(9・23板橋)もLeonさんから5分以内であっという間に勝った瞬間とか見て驚いたし、マグレとかじゃないと思うし…すごく力があるのもわかるし。でも勝つための作戦というのは練っているので。そこは大丈夫です」
━━PURE−Jについてのイメージは?
アレックス「すごいピュアな女子プロレス。すごい本当の女子プロレスの団体…だからこのベルトはすごい意味のある。だから絶対頑張ります。チャンピオンベルトはオーストラリアでは巻いてたけど、日本ではまだないから巻きたいです」
━━旗揚げから2ヶ月経って、両国でのビッグマッチを迎えるが。
中森「私はこの日が来るのをずっと待っていて…JWPの無差別のベルトを返上してから、いつでも巻く準備はできていたと思っているし、ベルトはなくてもPURE−Jの中心のつもりでやってきました」

IMG_3048

━━チャンピオンになったら、どんなビジョンを?
希月「中森さんが“止まっている時計の針を動かすのは自分”って言ったんですけれども、自分はそれとはちょっと違くて、自分がチャンピオンになったら新しい時計を作りたいなって思ってます。それ今思いついたビジョンかなっていうのが1つあります。あとはフリーだからっていうのもあるんですけど、防衛戦の相手はいろんな選手と…自分の上の選手とか後輩でもいいですし、誰でもやってみたいなっていうのがあります」
勝「先ほども言ったんですけど、毎大会防衛戦をやりたいと思ってます。それは自分自身のメンタルとか身体のスキルアップ、そういったレベルアップを図るのに1番の方法なんじゃないかなって思ったのと、初代のベルトなのでまだ何も色がついてないですし、新しい歴史を勝愛実が作り出していく…っていうのを第一において、団体内の選手と防衛していくのはもちろんですし、そのほかにも目を向けてベルトとともに成長していければなって思ってます」
中森「やっぱりまだ歴史のないベルトなので、強い選手を倒していくことだと私は思っていて、いまやりたい選手が5人いるので。必ずチャンピオンになったら実現させたいと思っています。守りに入らず、いつでも攻めのチャンピオンになっていきたいと思っています」
アレックス「歴史を作っていくレスラー、チャンピオンになりたい。日本の1番強い選手と、このベルトをかけて防衛戦をやりたいです」

━━ベルトを手にするには1日2試合を闘い抜かなくてはいけないが。
希月「自分はキャリアはあるぶん優勢かなって思ってます」
勝「激闘になるのは覚悟の上なので、それを見越した上で…今の時点では不安はまったくないので。リング上ではキャリアは一切関係ないと思ってるので、気持ちを強く持って2試合闘い切りたいと思います」
中森「すべてイメージができているのでなんの不安もなく、当日は自分自身を信じてやるしかないと思ってます」
アレックス「私も自分を信じて、絶対ファイナル(決勝)で…誰でも大丈夫です」

IMG_3049 IMG_3050 IMG_3051 IMG_3052

▼デイリースポーツ認定女子タッグ選手権試合・30分1本勝負
(王者組)コマンドボリショイ&Leon vs 安納サオリ&万喜なつみ(挑戦者組)

安納「私はPOPのベルトを持っているんですけど、タッグのベルトの指名を頂いたってことはやっぱり嬉しいですね、素直に。あちらもPURE−Jさんを背負ってるってことならば、このBeginningを背負ってる2人で挑戦できることもすごく嬉しいですし、歴史あるベルトに挑戦できるってことはね」
万喜「サオリが指名された時、リング下で見てたんですけど、アクトレスを背負うってところで私を選んでくださったことにまず感謝と、嬉しさと、ありまして…(笑)。最近は一緒に組んで隣りにいさせてもらうことが多いので、絆とかも最初とは全然違うんじゃないかなと思うので。たぶんホントに力を合わせたら絶対に獲れるものだと信じて頑張りたいと思います。ボリショイ選手の関節は上手く避けて助け合いもしつつ、Leonさんもかなりの身体能力なんですけど…」
安納「でも、ウチらもいろいろ作戦あるからさ」
万喜「そうなんです、最近連係とかも増えてきて、いろいろ考えてるので…。たぶん余裕でいると思うんですよ。そのスキを突いていきたいと思います」
安納「“足元すくわれんじゃねぇぞ?”ですよね」
(※10月1日、カルッツかわさきにて)

 


チケット予約

チケット予約

チケット予約

ローソンチケット

ローソンチケット

hanaside01

hanaside01

DVD通販

DVD通販

DVD通販

twitter

Airbnb運用代行サービス東京

Airbnb運用代行サービス東京

保険の無料相談

保険の無料相談