メニュー

PURE-J通信

見どころ


1月14日(日)
ラゾーナ川崎プラザソル 18:00
「PURE-J女子プロレス~レインボーシリーズ 2018年開幕戦~」

▼ピュアバトル シングルマッチ 20分1本勝負
コマンド ボリショイ vs 中森華子

2018年の開幕戦から出し惜しみなしの頂上対決が実現する。昨年末に無差別のベルトと長い髪を失った中森華子は、新年の目標について「鬼のように勝って勝って勝ちまくる。いろんな勝ちにこだわっていきたい」と宣言。先週の道場マッチではタッグ王者のボリショイ&Leonと対戦し、ボリショイからの勝利という幸先のいいスタートを切った。敗れたボリショイは「今日の借りは100倍にして返してやるよ」と今大会でのリベンジを狙っている。この闘いに勝利して勢いづくのは中森か? それともボリショイか?

image
▼ピュアバトル シングルマッチ 20分1本勝負
Leon vs 佐藤綾子(ディアナ)

結婚と3人の出産を経て昨年に復帰したディアナの佐藤綾子がPURE-Jに初参戦。Leonは「もともと私がアルシオンで彼女が全女の時に当たってて、対戦するのは2009年のJWP後楽園以来。またこうして闘えると思わなかったので、すごく楽しみです。最近の試合は見てないですけどすごい機敏で素早いイメージなので、どう変わったのかも楽しみです」とコメント。佐藤にとっても存在感を示すのに絶好の舞台となるだろう。
▼ピュアバトル シングルマッチ 20分1本勝負
勝愛実 vs 高瀬みゆき(Beginning)

勝愛実はアクトレスガールズの高瀬みゆきとシングル対決。「よく道場に出稽古に来てくれる選手で、練習の時から目が本気だし、試合中の彼女の目も私はすごく個人的に好きなんですよ。“負けてたまるか!”って気持ちが1番表れてる選手だなっていうのはすごい感じるんで、対戦すれば少なからず何か学ぶものがあるのかな? って思ってます」と期待を寄せる勝。メキメキと成長を遂げている高瀬だけに、キャリアの差を超えた闘いに期待したい。

image
▼WANTED☆ウォリアーズ始動! タッグマッチ 20分1本勝負
KAZUKI&ライディーン鋼 vs 安納サオリ&清水ひかり(Beginning)

昨年7月に解散したKAZUKI&ライディーン鋼の『WANTED’14』だが、鋼はその後も再結成をアピールし続け、先月の後楽園大会でついにKAZUKIも了承。今大会より『WANTED☆ウォリアーズ』として新たに始動することになった。目指すはただ1つ、タッグの頂点。KAZUKIは「心機一転でコスチュームは変えます。リング外では面白おかしくやっていきますけど、リング上では闘いを見せます。安納選手はPOPのベルトを持ってるので油断はできないと思います」と、新たなスタートを前に気を引き締めている。

image
5、PURE-J認定無差別級選手権 シングルマッチ 30分1本勝負
〈王者〉DASH・チサコ(センダイガールズ)vs 藤ヶ崎矢子〈挑戦者〉

メインイベントはDASH・チサコの持つPURE-J無差別級王座に藤ヶ崎矢子が初挑戦。「ジュニア以外のベルトに1回も挑戦したことがないんですけど、中森さん以上にPURE-Jを背負って、今の自分の実力を全力でチサコさんにぶつけます。ほんの少しの確率でも勝てるチャンスを見つけて狙っていきたい。相手は丸め込みの技が多いですけど私も多いので、スキを突いてヤコリーヌ・クラッチで勝ちたいです」と意気込みを語る藤ヶ崎。先月の後楽園大会では中森が髪を切られるシーンに割って入り、涙を流しながら止めさせようとするなど、打倒チサコに向けて秘めたる思いは強い。“難攻不落のスピードスター”の異名を持つチサコに、PURE-J女子プロレスを背負った藤ヶ崎が挑む。

image
※1試合目から4試合目までの試合順は入場時に発表します。
※ご来場のお客様対象、非売品グッズが当たる試合順予想あり。

PURE-J

テーマ:

チケット予約

チケット予約

チケット予約

ローソンチケット

ローソンチケット

hanaside01

hanaside01

DVD通販

DVD通販

DVD通販

twitter

Airbnb運用代行サービス東京

Airbnb運用代行サービス東京

保険の無料相談

保険の無料相談