メニュー

JWP通信

見どころ


12月10日(日)板橋グリーンホール 13時
「GO!GO!PURE-J!!」

1、シングルマッチ 20分1本勝負
ライディーン鋼 vs アレックス・リー

2017年最後の大一番となる12・17後楽園大会まで残り1週間。オープニングマッチはライディーン鋼とアレックス・リーの4ヶ月ぶりのシングル対決だ。前回は初代無差別級王座を争う予選リーグで、アレックスのヒザ攻撃に鋼が敗れている。後楽園ではKAZUKIとの『WANTED’14』で白姫美叶&アレックスの『ストロングスタイル・ラッシュ』と対戦する鋼は、「こないだの仙台が白姫で今回がアレックス。私は2つとも後楽園の前哨戦なんですよ。自分が勝ってアレックスとイーブンにして、後楽園でも勝ちます!」と鼻息が荒い。

2168794B-5BD8-483E-82EB-506538E7082F

2、シングルマッチ 20分1本勝負
勝愛実 vs 藤田あかね(アイスリボン)

後楽園で大畠美咲の持つレジーナ王座への挑戦が決まった勝愛実は、アイスリボンの藤田あかねと久々の対戦。ハードコアやデスマッチを経験してひと皮むけた藤田を迎え撃つ勝は、「気が強い所とか使う技が似ている所だとか…わりと共通点が多い選手なんですよね。どう進化しているのか非常に楽しみなところでもありますが、後楽園大会に向け自身のモチベーションを高めて行くためにも、ここは圧勝でいきたいと思います」と意気込みを語っている。

32192221-26C7-4AB7-824A-754F5EAC126C

3、タッグマッチ 20分1本勝負
コマンド ボリショイ&Leon vs 高瀬みゆき&清水ひかり(beginning)

デイリースポーツ認定女子タッグ王者・コマンドボリショイ&Leonは、レギュラー参戦中のアクトレスガールズから高瀬みゆき&清水ひかりに胸を貸す。「若い選手にどんどんチャンスを与えたい」というボリショイの意向で組まれたカードであり、Leonは「きっちり勝って後楽園につなぎたい。みゆき選手は7月にタッグを組んで、練習も出稽古とか来てて成長著しいので、久々に対角に立つのが楽しみ。清水選手は初対戦なので楽しみです」とコメント。7月の浅草大会以来のPURE-J参戦となる清水の頑張りが試される一戦になりそうだ。

4E0F5C35-56E4-44F2-AFFE-FA0E24DFEE1D

4、ビジュアルハンター矢子の仁義なき戦い~2017ラスボス戦
シングルマッチ 30分1本勝負
藤ヶ崎矢子 vs 雪妃真矢(アイスリボン)

定番となっている藤ヶ崎矢子のビジュアルハンターシリーズ。“2017ラスボス戦”と銘打たれた今大会ではアイスリボンの雪妃真矢がターゲットとして選ばれた。女子プロレス界の中でも屈指のルックスとスタイルを併せ持つ雪妃について、藤ヶ崎は「とにかくスタイルもビジュアルも良くて大人っぽい感じだなっていう印象で、ビジュアルハンターとして活動を開始したころ以来の対戦ですけどシングルは初。あっちはタッグの2冠チャンピオンですけどベルトとか関係なく、自分のことを可愛いと思ってるヤツを成敗していくしかないなと思ってるから、2017年の最後にふさわしい相手だと思います」と自信満々のコメントを残した。

A093FD5F-0978-43E7-98F4-80960B528C0D

5、Road to KOURAKUEN・前哨戦 タッグマッチ 30分1本勝負
中森華子&KAZUKI vs DASH・チサコ(センダイガールズ)&希月あおい

無差別級タイトル戦&敗者髪切りマッチを控える中森華子とDASH・チサコが、前週に続いて前哨戦の第2ラウンド。仙台大会ではチサコが中森の必殺技である鎮魂歌(レクイエム)ドライバーを繰り出して中森を沈めており、「板橋も作戦通りいけば自分の勝利ですね」とほくそ笑む。屈辱的な敗戦を喫した中森は、「必ず今日の借りは返してタイトルマッチに行きたい」とリベンジを狙っている。火花を散らす2人に挟まれる形となるが中森のパートナーを務めるKAZUKI、そして「主役は譲らない」と主張し続ける希月あおいの動向も見逃せない。

CF450263-7CA1-4525-BEF8-141E1E3FDC36


チケット予約

チケット予約

チケット予約

ローソンチケット

ローソンチケット

hanaside01

hanaside01

DVD通販

DVD通販

DVD通販

twitter

Airbnb運用代行サービス東京

Airbnb運用代行サービス東京

保険の無料相談

保険の無料相談