メニュー

JWP通信

見どころ


10月9日(月・祝)両国・KFCホール 13時
『GO!GO!PURE-J!!』

1、賞金10万円争奪! オープニング 3WAYマッチ  20分1本勝負
KAZUKI VS ライディーン鋼 VS 小波

旗揚げから2ヶ月が経過して迎えた両国KFCホールでのビッグマッチ。その幕開けとなる3WAYマッチは小波の発案により、KAZUKIが旗揚げ戦で手に入れた賞金10万円の争奪マッチに変更されることになった。この10万円を巡る闘いで並々ならぬ執念を見せる小波は、コマンドボリショイからギブアップを奪うなど大いに結果を残していることは記憶に新しい。KAZUKIは無事に10万円を守り抜くことができるのか? また、7月にKAZUKIとの『WANTED’14』を解散したライディーン鋼は、KAZUKIと一緒に小波を退治するのか? それとも小波と共闘して賞金を奪いにいくのか?
2、初代PURE-J認定無差別級王座決勝トーナメント 準決勝 無制限1本勝負
[Excitingブロック代表]勝愛実 VS 希月あおい[Utilityブロック代表]

PURE−J認定無差別級の初代王座を巡る闘いも、ついに最終日を迎えた。決勝トーナメントの1試合目はExcitingブロックを制した勝愛実と、Utilityブロックを制した希月あおいが激突する。以前、シングル戦で希月に敗れたことのある勝は「希月選手以上に進歩しているというか変化していると確信しているのでリングで証明したい。私がチャンピオンになったあかつきには毎大会、防衛戦をやりたい」と意気込み。一方の希月は「このトーナメントのメンバーを見て、自分がベルトを巻いて当然だなとホントに思ってます。PURE−Jさんのベルトなんですけれども、自分いまフリーなんですけど団体関係なく、自分も狙っていきたいベルト。このベルトを獲ったら一から歴史を作っていきたい」と自信満々。かつてのアイスリボン時代にはICE×∞のシングル王者として君臨していた時期もあり、笑顔の裏に意外な実力と打たれ強さを秘めていることが知られいる。キャリアではおよそ2倍の開きがあるが、勝は難敵・希月を突破して決勝戦に進めるか?
3、初代PURE-J認定無差別級王座決勝トーナメント 準決勝 無制限1本勝負
[Risesブロック代表]中森華子 VS アレックス・リー[Powerブロック代表]

決勝トーナメント2試合目はRisesブロック代表の中森華子と、Powerブロック代表のアレックス・リーという顔合わせになった。今年4月に団体の活動停止とともに封印されたJWP認定無差別級王座、その最後のチャンピオンだった中森は是が非でも初代王者となり、JWPとPURE−Jの歴史をつなぐという大きな責務がある。「JWP無差別級王者・最後のチャンピオンが最強だということを、この新しくできるPURE−Jのベルトを巻くことによって証明したいと思っています。止まった時計の針を動かすのはほかの誰でもなく私しかいない」と決意を語った中森。また、実力者・Leonを押さえて決勝に進んだアレックスはダークホースというべき存在で、他団体では倉垣翼や米山香織から3カウントを奪うなど大物食いが目立つようになってきた。OZアカデミーやセンダイガールズへのレギュラー参戦で実力も急上昇しており、その勢いは決してあなどれない。
4、ビジュアルハンター矢子の仁義なき戦い シングルマッチ 30分1本勝負
藤ヶ崎矢子 vs 豊田真奈美

引退まで残り1ヶ月を切った豊田真奈美。ゆかりのある選手とのメモリアルマッチが続いている中、ここでPURE−Jが誇るビジュアルハンター・藤ヶ崎矢子が立ちふさがることになった。「私、可愛いと思ってるよ♪」と話す豊田は、矢子にとって格好の獲物。しかし中途半端な攻撃を仕掛ければ倍返しが待っているのは明白だ。相手をハントするのは矢子か? 豊田か!?
5、デイリースポーツ認定女子タッグ選手権  30分1本勝負
〈王者〉コマンドボリショイ&Leon VS 万喜なつみ(Beginning)&安納サオリ(Beginning)〈挑戦者〉

9・23板橋大会で決勝トーナメントに進むことができず落胆するコマンドボリショイだったが、気持ちを切り替えてLeonとともにタッグ王座の防衛戦を宣言。挑戦者としてアクトレスガールズの安納サオリを指名すると、安納はパートナーに万喜なつみの名を挙げた。安納と万喜はこれまでいがみ合う場面もありながら、切磋琢磨してアクトレスガールズを牽引してきた両エース。安納は「タッグのベルトの指名を頂いたってことはやっぱり嬉しいですね。あちらもPURE−Jさんを背負ってるってことならば、Beginningを背負ってる2人で挑戦できることもすごく嬉しい」とコメント。万喜は安納について「最近は一緒に組んで隣りにいさせてもらうことが多いので、絆とかも最初とは全然違うんじゃないかなと思うので。たぶんホントに力を合わせたら絶対に獲れるものだと信じて頑張りたい」と前向きだが、はたして百戦錬磨の王者組を相手にキャリアを超える勢いを見せられるか? ボリショイとLeonにとっては仕切り直しの一戦であり、快勝した上で次の闘いに目を向けたいところだ。
6)初代PURE-J認定無差別級王座決勝トーナメント 決勝戦 無制限1本勝負
準決勝勝者vs準決勝勝者


チケット予約

チケット予約

チケット予約

ローソンチケット

ローソンチケット

hanaside01

hanaside01

DVD通販

DVD通販

DVD通販

twitter

Airbnb運用代行サービス東京

Airbnb運用代行サービス東京

保険の無料相談

保険の無料相談