メニュー

JWP通信

見どころ


9月23日(土・祝)板橋グリーンホール 13時
「GO!GO!PURE-J!!」

1、タッグマッチ 20分1本勝負
コマンド ボリショイ&小林香萌 vs 藤ヶ崎矢子&万喜なつみ(Beginning)

1ヶ月に渡って行なわれた初代PURE−J無差別級王座を争う予選リーグが今大会で終了。決勝トーナメントへ進出する4選手がいよいよ決定する。オープニングマッチはすでにリーグ戦を終えた3人に、小林香萌が加わってのタッグ対決。動きの止まらないスリリングな攻防で楽しませてくれそうな顔合わせの中で、藤ヶ崎矢子と小林の同期対決も注目ポイントと言えるだろう。しかし、この後の試合に決勝進出が委ねられることになったコマンドボリショイは気が気ではないかもしれない。

2、シングルマッチ 20分1本勝負
中森華子 vs ライディーン鋼

Risesブロックで2連勝しすでに決勝進出を決めている中森華子と予選敗退となったライディーン鋼が、PURE−J旗揚げ以降は初めてとなるシングル対決。顔にペイントを施すなど改革に取り組みながらもなかなか結果を出せていない鋼は、「タックで組んだりするのが多くなってますが、パワーを全力でぶつけていきたいと思います」とコメント。最後のJWP王者・中森を相手に意地を爆発させて、存在感をアピールしなくてはならないはず

3、初代PURE-J認定無差別級王者決定トーナメント・予選リーグ 20分1本勝負
【Utilityブロック】
希月あおい(2点)vs安納サオリ(0点)

混戦となっているUtilityブロックの最後の試合は、希月あおいと安納サオリの一戦。ボリショイに勝利している希月は、勝利するか引き分けでも決勝進出。安納は5分以内に勝利することができれば勝ち点3でボリショイと並び、規定により安納が決勝進出。5分以上の試合で安納が勝利すると希月と安納が勝ち点2で、ボリショイが決勝進出となる。キャリアで大きく上回るのは希月だが、試合数の増加とともにメキメキと頭角を現しPOP王者となった安納の勢いはあなどれないだろう。決勝進出を果たすのは誰だ!

4、同リーグ
【Powerブロック】
Leon(2点)vs アレックス・リー(2点)

Powerブロックでは鋼を破り、勝ち点2で並んでいるLeonとアレックス・リーが決勝の座を争うことになった。両者のシングル対決は3ヶ月ぶりで、前回はLeonがキャプチュードバスターで快勝。しかしLeonは「蹴りも強くなってきて日本のプロレスに順応してきてるのがわかるので、油断しないようにしてきっちり勝ちたいと思います」と警戒を強めている。なお、引き分けとなった場合は体重の軽いLeonが決勝進出となる。

5、同リーグ
【Excitingブロック】
KAZUKI(2点)vs勝愛実(2点)

メインイベントはExcitingブロックのKAZUKIvs勝愛実。ともに小波を破っての勝ち点2で並んでおり、この試合で雌雄を決することになる。今月10日に藪下めぐみとともにデビュー20周年大会を成功させ充実感みなぎるKAZUKI、そして激しく勢いのあるファイトには定評がある近未来エ−ス・勝愛実。ひとたび向かい合えば意地をむき出しにしてやり合っている2人だけに、激戦となることは間違いないだろう。このブロックでは20分引き分けの場合は観客によるジャッジで勝者が決まるシステムとなっており、まさに予測不能。決勝トーナメントの最後の一枠を手に入れるのは果たして…?

IMG_2999

JWP改め

テーマ:

チケット予約

チケット予約

チケット予約

ローソンチケット

ローソンチケット

hanaside01

hanaside01

DVD通販

DVD通販

DVD通販

twitter

Airbnb運用代行サービス東京

Airbnb運用代行サービス東京

保険の無料相談

保険の無料相談