メニュー

JWP通信

見どころ


9月13日(水)浅草・花やしき内・花やしき座 19時
「GO!GO! PURE-J!!」

▼初代PURE-J認定無差別級王者決定トーナメント・予選リーグ 20分1本勝負
【Utilityブロック】
コマンド ボリショイ(0点)vs安納サオリ(初戦)

コマンドボリショイとPOP王者・安納サオリが初対決。初戦で希月あおいに不覚を取ってしまったボリショイは、5分以内の勝利でより多くの勝ち点を得ないと決勝トーナメントへ進出できないという厳しい状況にある。「体格だったりルックスだったりセンス…私がないものをすべて持ってると思うので。将来有望だと思うし、なるべくしてPOPチャンピオンになってると思ってます。ただ、今回の試合は5分以内に仕留めないと先がないので。彼女に負けることは一切考えてないけども、5分以内に倒しておかないと…」とあせりを伺わせるボリショイ。Utilityブロックでは同点の場合はキャリアの短い選手が選ばれるため、あとがない状況からの巻き返しを誓う。

▼同リーグ
【Risesブロック】中森華子(2点)vs藤ヶ崎矢子(2点)

Risesブロックは中森華子と藤ヶ崎矢子が対戦。ともに万喜なつみを破っており、この一戦に決勝トーナメント進出がかかっている。藤ヶ崎は「前回なつみに勝ったから、このまま勢いに乗って大金星を取りたいなと思ってますし、今の実力を全部中森さんにぶつけたいと思います」と意気込み。中森は「ビジュアルハンターやってからすごく輝いてるとは思いますけど、まだ(迫ってくる)足音は私には聞こえてないし、こんなところで立ち止まってられないので」と必勝を期している。なお、このRisesブロックでは同点となった場合は年齢の若い選手がブロック代表となるため、20分時間切れに持ち込めば藤ヶ崎が決勝トーナメント進出となる。

▼同リーグ
【Excitingブロック】KAZUKI(初戦)vs小波(初戦)

今大会からスタートするExcitingブロック。KAZUKIは小波について「対戦はしたことあるんですけど、シングルは初ですね。ボリショイさんに勝ったりしてるので実力はつけてきてるんだなと思います」と警戒を強める。キャリアには大きな開きがあるものの、ボリショイからギブアップを奪うなど確かな実力を持っている小波?だけに、デビュー20周年のKAZUKIといえども油断は大敵。バリエーション豊かな小波の関節技に捕まってしまえば、厳しい闘いを強いられることになるだろう。
▼I’m Powerful Woman! タッグマッチ 20分1本勝負

Leon&ライディーン鋼 vs &アレックス・リー&トトロさつき(アイスリボン)

今大会ではリーグ戦が組まれていないPowerブロックの3人に、PURE−J初参戦のトトロさつきが加わってのタッグマッチ。Leonは「アレックスとは23日の板橋で対戦するので、その前にきっちり勝ちたいです。トトロは試合を見たことないんですけど、どれだけ力があるのか確かめたいと思います」とコメント。鋼も初対戦のトトロを意識しており、「すごい楽しみ。ぶつかり合いを見てほしいです」と意欲をのぞかせる。デビューからまだ半年ながら、大きく目を見開いてタックルを連打するなど気迫のファイトで会場を沸かせているトトロは、このメンバーの中でどこまでやれるのか? 期待して損はないはずだ。

▼最後のマナミ対決!スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負

引退まで2ヶ月を切った豊田真奈美が平日の浅草大会に参戦。勝愛実が一騎打ちを挑む「最後のマナミ対決」。これまで他団体で何度か対戦しているが、勝は「ずっといると思っていた選手なので、引退してしまうのはすごく寂しいです。ありきたりなんですけど今の自分をぶつけたい」と静かに闘志を燃やす。尾崎魔弓や堀田祐美子などレジェンドクラスとの一騎打ちが連続して組まれているのも、それだけ大きな期待がかかっている証拠。引退ロードを突き進む豊田に大きなインパクトを残し、これからを任せられる選手だと思ってもらえるように実力を証明することが責務となる。

image

JWP改め

テーマ:

チケット予約

チケット予約

チケット予約

ローソンチケット

ローソンチケット

hanaside01

hanaside01

DVD通販

DVD通販

DVD通販

twitter

Airbnb運用代行サービス東京

Airbnb運用代行サービス東京

保険の無料相談

保険の無料相談